親子ですくすく子育て応援サイト

menu

mom-ma

CATEGORY子どもの病気

写真1

子どもがなりやすい!「肘内障」や「喘息」。我が家の体験記

子どもが小さいうちは、病気やけがで通院する機会も多いですね。我が家は「肘内障」と「喘息」で通院した経験がある為、ご紹介します。また、それとは別件にはなりますが、この機会に我が家がお世話になった歯医者を含む病院の中で、特殊なサービスを行ってい…

アイキャッチ画像 子ども

あせもと湿疹の違いは?

夏になり汗をよくかく季節となると、赤ちゃんや子どもはあせもに悩まされますね。代謝がよく、汗っかきなこどもにはつきものですが、よく見てみると湿疹であることもあります。違いを知り、適切な処置ができるようにしましょう。  …

nyuuzikennsinn

乳児健診はいつ・どんなことをするの?

赤ちゃんが生まれるとだいたい3カ月に1回くる乳児健診。1人目の子だと、右も左もまだまだわからずに、健診も不安ですよね!今回は乳児健診についてまとめていきたいと思います。ぜひ、参考にしてみてくださいね! 乳児健…

ityouenn

冬に流行してしまう!恐ろしい胃腸炎について

冬に流行してしまうものはたくさんありますが、胃腸炎もそのうちの一つです。今回はそんな胃腸炎について簡単にまとめていきたいと思います。 胃腸炎とはどんなもの? 胃腸炎には、ウイルスや細菌に感染してしまい発症…

名称未設定-1

【マータロといっしょ。】(80)アデノ祭りその2

何だかんだ登園許可まで1週間以上かかったアデノ。 前半の病状MAXな時期も看病に追われて大変だけど、後半の中途半端に元気になった時期もケッコー辛いものがありますね。 前回はこちら→【マータロといっしょ。…

アイキャッチ画像 子ども

あせもと湿疹の違いは?

夏になり汗をよくかく季節となると、赤ちゃんや子どもはあせもに悩まされますね。代謝がよく、汗っかきなこどもにはつきものですが、よく見てみると湿疹であることもあります。違いを知り、適切な処置ができるようにしましょう。  …

アイキャッチ画像 卵

卵は早めに食べさせる方がアレルギー予防に?

2017年6月16日に日本小児アレルギー学会が驚きの発表をしたことは耳に新しいと思います。これまで卵はアレルギーが心配で離乳食ではゆっくり進めることが常識でしたが、「離乳食がはじまる生後6か月頃から少量を与えることで卵アレルギー発症の予防に…

敏感肌_001

子どもの敏感肌への気を付け方

子どもの肌は敏感ですぐに荒れてしまう子も多いのではないでしょうか?痒くてかいてしまうと跡が残ってしまうこともあります。ではどのようにすれば敏感肌を守ることができるのでしょうか? 洗濯洗剤にこだわって 洗…

手足口病①

手足口病ってなに?人が集まる場所へのお出かけはいつから?体験記

夏に流行する感染症「手足口病」。感染しても出席停止扱いの病気ではないので、保育園や幼稚園には登園することができます。ただし、各園の方針もありますので、一度確認するのが良いですね。保育園や幼稚園は登園しても大丈夫ですが、買い物や子育て支援セン…

bandage-2671511_1920

夏の悩みの種、虫刺され・とびひ

乳幼児のママにとって、夏、心配なことの一つに「虫刺され」がありますね。我が家が体験したことなどをご紹介します。 外出の際の注意 ちょっとしたおでかけの時、蚊がまわりにいても。小さい子は自分では蚊を追いはらう…

さらに記事を表示する