親子ですくすく子育て応援サイト

menu

mom-ma

ピジョン社の「赤ちゃん誕生記念育樹」ご存知ですか?森の住人票も届きました。

写真1

子育て中のママパパにとっては身近な存在でもある企業の一つ「ピジョン」。そのピジョンのCSR活動の一環ともいえる「赤ちゃん誕生記念育樹」についてご存知でしょうか?実際に我が家は応募して「森の住人票」もいただいた為、ご紹介します。

 
 

赤ちゃん誕生記念育樹の目的

ピジョン社で1986年から取り組まれている活動とのこと。かなりの歴史がある活動ということに驚きました。HPの情報によると、子どもたちの未来のために森づくりをすることと自然が永続的に守られていくための環境づくりを目的として行われているようです。また「育児と育樹、心はひとつ」というスローガンのもと、すすめられているとのことです。素晴らしい取り組みですね。

 
 

応募の流れ

赤ちゃん誕生後、応募できます。

https://www.pigeon.co.jp/csr/ikuju/

応募後「森の住人票」という木製ハガキの住人票が届きました。そして、ピジョン社が木を植え、育ててくれるとのことです。場所は茨城県常陸大宮市にある「ピジョン美和の森」とのことです。植樹や維持経費なども、ピジョン社が負担してくださるとのことです。また、森のログハウス「すくすくハウス」内の育樹者名簿に子どもの名前が記載されるとのことです。子どもへのメッセージは「メッセージ集」ということで「すくすくハウス」に展示されるとのことです。実際に足を運ぶことも可能とのことです。

 
 

植樹式

現地で植樹を希望するご家庭のうち抽選で約100家族が招待されるとのことです。我が家も申し込みましたが、応募者も多かったようで残念ながら落選だったようです。植樹式も、子どもとの良い思い出づくりにもなる良い企画ですね。

 
 

まとめ

私が生まれた時に、祖父母が祖父母の家の庭に柿の木を植えてくれて、大切に育ててくれていました。同じことを、自分の子どもたちにもしてあげたいと考えていましたが、我が家はマンション住まいで難しい状況でした。その為、この活動のことを知った時には共感し、即応募しました。場所は離れていても、誕生記念に植えた特別な木があるということは、嬉しいものですよね。よかったら応募してみてくださいね。


関連記事

コメントは利用できません。