親子ですくすく子育て応援サイト

menu

まんまーれ

  • まんまーれ親

読み聞かせに最適!人気のおすすめ絵本3選その3

  • 2020
だれかな

今回も、長く愛される絵本の中から、特に0~2歳くらいのお子さんへの読み聞かせにおすすめな絵本、3冊をご紹介いたします。

どの絵本も、クッキリとしたシンプルな形と色ながら、やさしく温かみのある絵で表現されています。厚みのある紙で作られていて、お子さんでもめくりやすく丈夫な点も良いですね。

文章も非常にシンプルですので、赤ちゃんに読み聞かせする最初の絵本としておすすめです!

「ばいばい」作・絵:まついのりこ


ばいばい(まついのりこのあかちゃんのほん)

ページをめくると、四角い窓からのぞく可愛らしい動物たちが「こんにちは」、またページをめくると「ばいばい」。繰り返しのリズムが心地よい、赤ちゃんにおすすめの絵本です。動物のイラストは、黒色で縁取りされてエッジが強調されており、赤ちゃんでも識別しやすいと思います。

表紙を開いた最初のページには名前の記入欄があります。保育園などに持ち込んだ際に、誰のものかわからなくなるのを防ぐためだと思いますが、大事に取っておけばとても良い思い出にもなりますね。

汚れと破損を防ぐために、全てのページにつるっとした加工がしてある点も、よく考えられていて好感が持てるおすすめ絵本です。

「てんてんてん」わかやましずこ作


てん てん てん(0.1.2えほん)

昆虫の一部が大胆に配置されたページをめくると、次のページでなんの昆虫か種明かし。「てんてんてん」「ぐるぐるぐる」など、短くも楽しい擬音のリズムが繰り返される、愛らしいおすすめ絵本です。

本自体もちょうど良い大きさに作られていますが、各ページに大きく見やすいイラストが配置されていて見やすいですね。また、かすれたタッチの太い輪郭と、単色を主とした優しい配色が、全体に柔らかさを生んでいます。

言葉のリズムとかわいいイラストが楽しめる一冊です。

「だれかな?だれかな?」なかやみわ作


だれかな?だれかな?(0.1.2えほん)

まず目に飛び込んでくる表紙がいいですね。たたずむパンダのかわいさが、とても良く表現されています。

どのページにも、ちょこっと顔をのぞかせた動物が、可愛らしく描かれています。ページをめくると、ネズミやウサギなどの動物が飛び出てきます。繰り返される「だれかな?だれかな?」のリズムも良く、「ぴょん」「ちくちく」など擬音も楽しいですね。

鮮やかなイラストは、かわいく温かみがあって素晴らしいです。特にマンボウの正面の顔は、配置も手伝ってとってもユーモラス。思わず笑ってしまいました。

大人も楽しめるおすすめ絵本です。ちなみに、表紙のパンダは本編で登場しませんが、本を裏返すと会えるはずですよ!

親子の会話

どのおすすめ絵本も、赤ちゃんが楽しめるように作られていますが、保護者にもうれしい点があって良いですね。

読み聞かせで、お父さんとお母さんの声をたくさん聞かせてあげて下さいね!

まとめ


・温かみがあり、親しみやすい絵です。

・赤ちゃんも認識しやすいように描かれています。

・繰り返しのリズムで赤ちゃんに安心感を与えてくれます。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。