親子ですくすく子育て応援サイト

menu

mom-ma

子どもに大人気のスポット!30周年をむかえた「東京ドームシティ」!

写真1

「東京ドームシティ」は、子育て中のママにとって、一度は行ってみたいスポットではないでしょうか?2018年2月には、30周年をむかえたそうです。もしかしたら、パパママ自身が小さい頃に遊びに行ったこ思い出のあるスポットかもしれませんね。我が家の場合は自転車で行くことができ、かつ株主優待も利用できるスポットということで、年に数回足を運んでいます。「東京ドームシティ」で楽しむ方法などをご紹介します。

 
 

オープン時間をチェック!

東京ドームシティと一言でいても、「アトラクションズ」や「ローラースケート」「宇宙ミュージアム」などいろいろなスポットがありますね。スポットによって、オープン時間はバラバラですのでHPを確認し、その時間に合わせて足を運ぶと良いでしょう。・・・というのも、東京ドームシティ内にはたくさんの飲食店がありますが、お昼時になるとどのお店も混み合います。オープンと同時に遊びはじめ、飲食店のオープン時間に合わせてランチをはじめるのがスムーズです。なお、朝でもオープンしている東京ドームシティ内のカフェなどを調べておくとはやめに到着できた場合、時間をつぶすこともできますよ。

 
 

アトラクションは、小さい子どもでも楽しめる?

「アトラクションズ」にあるアトラクションは、身長制限がある場合もありますが、3歳ぐらいになると少しずつ楽しめるものが増えてきます。ちなみに、「ちゃぷちゃぷクリーク」というお水を使った遊びができるコーナーなどは我が家の子どもたちは歩きはじめて間もない頃から楽しんでいました。

写真2

授乳室などは数ヶ所設置されていますし、ベンチなどもある為、必要に応じて休憩はできます。飲食店はベビーチェアや子ども用の取り皿の用意などはありますので、利用しやすいですよ。

 
 

子どもに人気の、数々のイベントも!

我が家は定期的にHPを確認し、気になるイベントがあると足を運んでいます。男の子には、戦隊モノのショーが人気ですね。動物と触れ合えるイベントや、しまじろう関連のイベントなどが行われていたこともありました。ちなみに、毎年足を運んでいる無料のイベントとして「トミカスタンプラリー」があります。

写真3

スタンプを集め、最後にくじをひいて景品をもらうことができますが今年ははじめて「トミカ」を当てることができました!(一番下の賞でも「トミカDVD」がもらえます!)

 
 

もちろん、東京ドームも!

忘れてはならない「東京ドーム」の存在!野球の試合や、ライブなどが行われる日は、東京ドームシティ内は特に混み合います。巨人ファンの方でしたら、ショップでお子さんとグッズを購入するのも良いかもしれませんね。東京ドームシティ内を歩いていると、巨人のキャラクターと出会うこともできますよ。

写真4

 
 

様々なショップも!

ムーミンカフェなど、 珍しい飲食店もありますよ。人気がある為、混みますが、そういったお店でランチをするのも良いかもしれませんね。また、子ども服などを販売しているショップもありますので、お買い物をしてから帰宅するのもオススメです。

 
 

東京ドームホテル キッズクラブ 「ドーミーズ」もオススメ!

東京ドームホテルには、3歳から小学生のお子さんが会員になれるキッズクラブもあります。誕生日特典があったり、東京ドームシティ内のサービスの料金の割引も受けられるサービスです。野球観戦などに関するサービスのお知らせが届いたこともありました。ぜひ、会員になってみてくださいね。

 
 

まとめ

とても広い敷地ですし、サービスの幅も広いです。せっかく足を運ぶのであれば、事前に情報収集しプランをたてて当日楽しんでみてくださいね!


関連記事

コメントは利用できません。