親子ですくすく子育て応援サイト

menu

mom-ma

幼稚園選びの重点は?園開放の様子と入園の決め手となったこと

幼稚園①

来年度入園予定の娘は、2歳の時から幼稚園の園開放へ参加していました。幼稚園にも様々な特色があり、実際に幼稚園へ出向かないと知りえない情報もあります。家庭ではできない幼児教育をしているA園かB園が良かったけど…娘のためにC園を選びました!

 
 

モンテッソーリ教育のA園

ずっと興味のあったモンテッソーリ教育。住んでいる地域にモンテッソーリ教育を取り入れている幼稚園があったので、園開放へ行ってきました。おしごとをする際には、様々なルールがあります。①好きなおしごとのトレーを選択②机に持って行く③トレーを元の位置へ戻す。主にこのルールです。ですが、娘はすべて無視!興味の対象がコロコロと変わり、落ち着いて椅子になんか座っていません。追いかけて、片づけて私も必死です。

幼稚園に通っていれば落ち着きが出てきて、ルールも守れるようになるのかな?と期待もしましたが、娘の活発さも失いたくはないので、入園を諦めました。

 
 

お勉強型カリキュラムのB園

お勉強型の園開放へ参加した際、製作の手順をじっとして聞く・道具の正しい使い方・順番を待って名前を言うことが、他の子どもと同じようにすることができませんでした。早生まれの娘。同じ2歳児でも、月齢の差で出来ないことが多いんだなと実感です。製作は集中して取り組めず、ほぼ私の作品となりました。何度も先生から注意をされて、子どもも私も委縮。一斉に同じことを行うカリキュラムのある幼稚園は、娘には合わないと感じました。

 
 

のびのび保育のC園

娘の性格に合った園は、のびのびと保育をしている幼稚園でした。ある程度、時間によって遊ぶ内容は決まっていますが、子どもが「他の物で遊びたい!」と言っても、臨機応変に対応してくれます。例えば、お砂場遊びの日となっていても、隣にあるブランコなどの遊具で遊ばせてくれるなど。子どもの「やりたい!」を尊重してくれ、好奇心や探求心が育まれそうと感じました。園開放を実施している部屋へ移動する際、在園児の様子や活動する部屋を見学できたのが、親としては良いポイント!娘が幼稚園へ通っている姿が想像できたので、入園の決め手となりました。

 
 

まとめ

・我が子に合った幼稚園選び。

・親の理想の幼稚園と、子どもの性格に合う幼稚園は違った。

・子どもの「やりたい!」を尊重してくれる幼稚園へ入園予定。


関連記事

コメントは利用できません。