親子ですくすく子育て応援サイト

menu

mom-ma

乳児を育てているママに便利なアイテム!授乳シュシュの作り方

授乳シュシュ①

赤ちゃんが大きく成長するのに大事な授乳。だからこそ1日のうちに何度も授乳タイムはやってきます。今回は乳児を育てているママに便利なアイテムをご紹介します!少しの布とゴムがあれば完成し、授乳タイムのわずらわしさを解消してくれるアイテムとなります。

 
 

授乳シュシュの作り方

授乳シュシュ②

<材料>

・布 40cm×11cm 1枚

・平ゴム 21cm 1本

・プラスナップ 1組

 

①生地を40cm×11cmの大きさに裁断する。

 

②布を半分に折り、真ん中に印を付ける。印を付けたら布は開いておく。

 

③21cmに切った平ゴムを、印を付けた場所からさらに半分の場所に縫い付ける。

→縫い代の部分を考え、やや印側に縫うと、ちょうど真ん中となる。

授乳シュシュ③
 

④また生地を半分に折り、赤い線の部分を縫う。

授乳シュシュ④
 

⑤平ゴムを反対側の端にも縫い付ける。

授乳シュシュ⑤
 

⑥縫い目を切らないように気をつけ、角の余分な布を切ったら、表にひっくり返す。

授乳シュシュ⑥
 

⑦両端に押さえステッチをする。

→返し口となっていた端はゴムに引っ張られて縫いにくいです。マチ針でしっかり固定をすると、布がズレることなく縫うことができます。

授乳シュシュ⑦
 

⑧プラスナップを付けると完成です!

授乳シュシュ⑧
 

服の下から授乳シュシュを通し、プラナップで包み留めます。アゴや手で服を押さえなくても落ちてきません。赤ちゃんの顔に服が当たらないので、ママはずっと下を向いている必要が無く、肩こりの軽減となるでしょう。

 
 

まとめ

・授乳期のママに便利な「授乳シュシュ」の作り方紹介

・製作時間は30分

・服を押さえることなく授乳できるので肩こりが軽減


関連記事

コメントは利用できません。