親子ですくすく子育て応援サイト

menu

mom-ma

ママのリフレッシュするための工夫

その1

リフレッシュ方法で工夫している点などをご紹介します。

 
 

タイミング

休日の子どもの寝かしつけと、平日、パパ帰宅後、子どもたちが起きてしまった時の寝かしつけはパパが担当してくれます。その為、夜は多少なりとも自由な時間が持てています。そして、休日の子どもたちのお昼寝はパパママが交替で担当することにしている為、そのタイミングで2~3時間外出しています。

 
 

リフレッシュ方法

<カフェ>

PCを持ち込み、過ごしています。子連れでは行きづらいカフェに足を運ぶのもオススメ。

<友達と会う>

家族は知らない過去の自分を知っている、気心知れた友達は貴重ですね。FBなどで交流を続けていれば、意外と縁が切れないものです。日々の様子をみてもらっていると相手も「少しは育児も落ち着いてきたのかな?」などさとって声をかけてきてくれます。

<鍼・エステ>

体調がすぐれない時限定ではありますが、鍼治療にいっています。のどの調子が悪い時に、のどに鍼をうってもらうと改善がはやいです!また株主優待を利用してエステに行くと、かなりリフレッシュできます。

<本屋・図書館>

育児をしていると世間から取り残されてしまった感じがして・・・というママも多いかと思います。今どんな本が出ているかをチェックしたり、いろいろな雑誌をパラパラみてみるだけでも、気分的に違います。

<お風呂でTV>

お風呂の時間も有効活用したい為、世間についていくためにもニュースやバラエティー番組などをみています。

<映画・ドラマ>

時間が限られている為、1.5倍速でみています。子育てに関するものなどをみると「あらたな気持ちでまた頑張ろう」という気持ちになれます。

 
 

最後に

ママボケしないためにも、育児の時間以外も大切にしたいものですね。とはいいえ、子どもとのおでかけの計画を立てている時が一人で過ごす時間の中でも、一番幸せな時間だったりします。


関連記事

コメントは利用できません。