親子ですくすく子育て応援サイト

menu

mom-ma

神楽坂・早稲田エリア!「ムギマル2」など、子連れOKのおでかけ・お食事スポット

ボングウ1

神楽坂・早稲田エリアにある親子でのおでかけスポットやお食事などでオススメしたい名店などをご紹介します。

 
 

神楽坂:ジェラテリア テオブロマ

ジェラテリア テオブロマ

ジェラートで有名な人気店です。お食事系サイトでも上位にランキングしています。外観も素敵で、思わず入ってみたくなります。休日は列ができていますが、平日でしたら店内でいただいていくこともできます。おもたせでも持っていけるようなチョコレートなども販売されている為、何かと利用することができそうです。子どもも可ですので、少しお高くても本格的なおやつをお子さんに食べさせてあげたい方には特にオススメです!

【住所】東京都新宿区神楽坂6-8 BORGO大〆 1F

 
 

神楽坂:ムギマル2

ムギマル2

独特な雰囲気で人気がある「マンヂウカフェ ムギマル2」。お店の中で猫が普通にくつろいでいるカフェということもあり、猫好きな娘を連れて足を運びました。ジブリ的な雰囲気の外観で、内装も和風かつ昔風で不思議な空間となっています。階段をあがり二階の席に案内されました。いくつかのテーブルと座布団がありましたが、猫が二匹、普通に寝ていました。娘は「猫さんの寝かしつけをしてあげるの~」といいながら寝ている猫をさすってあげていましたが、猫はそのまま寝ていました。たくさんの種類のマンヂウがあり、1種類注文し娘と食べてみました。また、お店で飲食する場合は大人は一杯ドリンクを注文する必要があります。とてもおもしろい雰囲気のお店ですので、娘にとっても刺激があったようです。

【住所】新宿区神楽坂5-20

【HP】http://www.mugimaru2.com/

 
 

神楽坂:第三玉の湯

第三玉の湯

ムギマル2からもみえるぐらいの位置にある銭湯です。神楽坂というと昔の日本の街並みが残るところということで銭湯もなんだか似合う待ちですよね。この第三玉の湯は、都内でも人気の銭湯の一つのようです。2018年11月にリニューアルした関係もあり、とてもきれいです。新設された「高濃度炭酸泉」「露天風呂」が特にオススメです。露天風呂はややあつめの為、気を付けて入ってみてくださいね。フロント近くには、写真撮影のためのパネルまで用意されている為、娘が喜んで写真にうつってくれました。

【住所】新宿区白銀町1−4

【HP】https://www.1010.or.jp/map/item/item-cnt-323

 
 

神楽坂:ボン・グゥ 神楽坂 (フレンチ前菜食堂)

ボングウ2

「前菜が主役」という看板がお店の前に出ているお店です。口コミサイトでもかなり上の順位に入っているお店でかなりの人気店です。ランチ時に行きましたが、オープン前からならんで入りました。こんなに素敵でおいしいお料理がリーズナブルな料金でいただけるお店も珍しいです。「タルトフランベ」が特にオススメです。フレンチですが、お子様OKで、お子様用のお食事用チェアもあります。ちなみに今回のトップ写真もこのお店のものです。

【住所】東京都新宿区矢来町107 細谷ビル 2F

 
 

神楽坂:ソプラアクア

ソプラアクラ

人気のイタリアンです。ランチ時に行きました。お子様OKで、お食事のボリュームもある為、取り分けをしても十分大人も満足することができました。少しだけお高めなものの、子連れであればむしろお得感がありました。

【住所】東京都新宿区矢来町43 ライオンズマンション矢来町 1 階

 
 

神楽坂:縁香園

縁香園

中華料理のお店です。人気店で混んでいる為、あえてクリスマスの時にいきました(笑)それでも、ほぼほぼ満席になっていました。ランチも充実していて、量もそれなりに多い為、子連れでもオススメしたいお店でした。機会をみつけて、また訪れたいお店です。

【住所】新宿区神楽坂5-1 神楽坂テラスビル2F

 
 

早稲田:戸山公園 

戸山公園

とても広くて充実していて、有名な公園ですね。遊具がいろいろなところにある為、エリアをかえて何度も通っています。ちなみに、夏はじゃぶじゃぶ池がオープンしていますが、スライダーまできれいなところである為、うきわ持参で行き、何度も何度もすべっていました。未就園児のうちはフォローが大変でしたが、年少になった今年は、多少フォローし、気を付けてみていてあげる必要はあるもののほぼほぼ一人で喜んですべってはあがってすべってはあがってを繰り返していました。

【HP】https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index002.html

 
 

早稲田:穴八幡宮

穴八幡宮

「一陽来福」という金銀融通のお札が販売されることで有名な穴八幡宮。冬至から節分の時期に購入できるお札である為、この時期になるとたくさんの参拝客がいます。

露天なども出て、お祭り風になる為、子どもとも足を運んでいます。早稲田大学や学習院女子大学の近くで、朱色の大きな鳥居がある為、すぐにわかりますよ。

【住所】新宿区西早稲田2丁目1-11

 
 

早稲田:永青文庫

永青文庫

都電荒川線早稲田駅や副都心線雑司ヶ谷駅・有楽町線江戸川橋駅などからむかうことができます。江戸時代の熊本54万石「細川家」の江戸下屋敷跡地にある美術館です。中学生以下は無料で入ることができます。小学校高学年の自由研究などで足を運ぶのは良いでしょう。幼児向けに目白台エリアでスタンプラリーが開催されていた際、永青文庫もスタンプポイントの一つとなっていた為、おとずれました。江戸川公園も近いエリアですが、このあたりは自然も多く夏場には「とかげ」や「セミ」もみかけました。

【HP】http://www.eiseibunko.com/

【住所】文京区目白台1-1-1 

 
 

早稲田:都電テーブル

都電テーブル

早稲田は意外と飲食店が多いまちですが、この都電テーブルは比較的新しいお店です。雑司ヶ谷にも店舗がありますが、お店の雰囲気は少し違います。ランチ時にいきましたが、定食をたのんだところ子ども用の白米も用意してくださいました。お食事用ベビーチェアもありますよ。おいしくて、食材にもこだわった和風のお料理が楽しめるのでオススメです。イベントも時々開催していて、子連れで参加できるイベントもありました。

【住所】新宿区西早稲田1-8-10前田ビル101

【HP】http://www.toden-table.com/

 
 

まとめ

神楽坂・早稲田エリアにある子連れで足を運べるところをご紹介させていただきました。このエリアはまだまだ飲食店などもある人気のエリアですので開拓していくのもよいかもしれませんね。

※サービス内容は変更となる可能性もあります。

最新の情報はHPでご確認ください。


関連記事

コメントは利用できません。