親子ですくすく子育て応援サイト

menu

mom-ma

子どもが大好きな公園には危険がいっぱい

549dd205ea47b888a616756e8fc8bfb9_s

子どもが大好きな公園。

お天気がいいといっぱい遊びたいですよね。

しかし安全に作られている遊具ですが絶対に目を離してはいけません。

もしかしたら危険が隠れているかもしれません。

 
 

大好き滑り台

子どもは絶対大好きな滑り台。一見高いだけで落ちなければ大丈夫と思っていると大けがにつながります。

滑り台の階段には砂が付着していることが多くあります。小さな子どもの足で階段を上ると砂で滑ってしまうことがあるのです。

階段で滑ると階段で顔をぶつけてしまいます。我が子はそれで唇を切っています。

世の中にはひどい人もいるもので滑り台に危険物を置いて帰る人もニュースで取り上げられます。

必ず滑り台を滑る前は何も危険物がないか確認をしてください。

 
 

大好き砂場

子どもは砂場も大好きです。公園の砂は清潔ではありません。

雨に当たって、犬や猫が夜に徘徊します。

さらにひどい時にはガラス片やたばこの吸い殻が砂の中に入っていることがあります。

ガラスは特に透明なのは見えにくくとても危険です。

危険を避けるにも砂場で遊ぶ時もお母さんも一緒に遊びましょう。

 
 

大好き鉄棒・ブランコ

少し大きくなると鉄棒やブランコに1人でできるようになります。

鉄棒もブランコも気を抜くととても危ない乗り物になります。

ブランコは後ろや前に人がいるとぶつかってしまうこともあります。

鉄棒やブランコも遊ぶときは必ずお母さんは近くでいてあげてください。

 
 

まとめ

公園の遊具は安全に設計されています。しかし遊び方や不注意で大きなケガに繋がることもあります。

子どもを守れるのはお母さんです。

必ず公園では子どもから目を離さずに安全に注意してください。


関連記事

コメントは利用できません。