親子ですくすく子育て応援サイト

menu

mom-ma

英語ってどうやったら話せるようになるの?

英語教育

子供に英語を話せるようになってほしい!と考えている方、多いと思います。

しかし、どのようにすれば話せるようになるのでしょう?

 
 

英語も日本語も同じ「言語」

 

生まれたばかりの赤ちゃんが言葉を口にするまでは約1年、自分の意思を言葉で伝えることができるようになるまで約3年かかりますよね?

毎日、日本語で話しかけられたりテレビなどで聞いたり、シャワーのように言葉を浴び続けている環境にいて約3年かかるのです。

 

では、これを英語で実践したらどうでしょう?同じくらいの時間がかかりますが、きっと話せるようになることでしょう。

私たちが日本語を思いのままに使っているように、英語も日本語を覚えた時と同じプロセスを踏めば思うように話すことができるようになるというわけです。

 
 

言葉を覚えるプロセス

 

赤ちゃんはおなかの中にいるときからいろんな言葉を聞いていますね。ある一定量言葉を聞き続けると、人間は自然に口から言葉を発するようになっているようです。(イメージとしては、湯船から出しっぱなしのお湯があふれ出すようなイメージです。)

 

口から言葉を発して初めて、相手と会話をします。もちろん、最初から流ちょうに話をする赤ちゃんはいません。ママをはじめ、家族との会話の中から正しい言葉を覚えていきます。

 
 

親子で英語を使ってみる

 

会話をしないと、つまり、言葉を実際に使わないと、話せるようにはならないのです。(野球で例えて言うならば、素振りばかりしているバッターが、球を実際に打つ練習をしないと、いつまでたっても球を打てるようにならない。ということと同じです。)

 

わが子を日本語と英語のバイリンガルに育てている方は、日本語で会話をする時間と、英語で会話をする時間を家庭の中で設けています。(または、学校で日本語を家庭内では英語のみなどという家庭もあります。)

 

英語圏に住んでいない子が、家族が話していない英語を自ら話す子はいません。(たとえ、英会話スクールに通っている子でも!)このことは意外に多くの方が見逃しているポイントです。

 
 

まとめ

 

つまり、英語を話せるようになるには「英語を聞いたり、話す環境につかればよい」ということです。

そんなのいまさら言われなくてもわかっていたわ!と怒られそうですが、子どもを英会話スクールに通わせていても、実際に家庭内で家族が英語を使う時間を設けている家庭は少ないと思います。

 

ぜひ、少しずつでいいので、簡単なやり取りから親子で英会話の時間を作ってみましょう。


関連記事

コメントは利用できません。