親子ですくすく子育て応援サイト

menu

mom-ma

ベビーサインってなに?メリットは?

  • 2020
アイキャッチ画像

赤ちゃんが泣いている時、何かを伝えたがっているような仕草を見せる時、赤ちゃんとコミュニケーションがとれたらいいのにと思いませんか。そんなお母さんにおすすめしたいものが、ベビーサインです。

 
 

ベビーサインって、どんなもの?

画像1

ベビーサインとは、まだ言葉を話すことができない赤ちゃんとでも、ジェスチャーを使って会話をする方法のことをいいます。6ヶ月頃から教え始めることができるといわれています。ベビーサインの教え方については講座などを受講してもいいのですが、この方法でなければいけないというものはないので、自分のやりやすい方法で教えてもいいでしょう。

 
 

ベビーサインを教える時の注意点

画像2

ベビーサインを赤ちゃんに教えると言っても、最初からいきなりうまく教えられることなどないでしょう。根気強く、何度も焦らずに繰り返して教えることが重要です。あまり肩に力を入れずに「覚えてくれたら嬉しいな」という感覚で進めていきましょう。また、日常生活でベビーサインを積極的に使うことをおすすめします。

 
 

ベビーサインを赤ちゃんに教えるメリット

画像3

例えば、赤ちゃんが「おなかが空いた」と感じた時に「ごはん」というベビーサインが送られたら、お母さんはすぐにミルクや離乳食を与えてあげることができます。このようにまだ話せない赤ちゃんとでもコミュニケーションがとれれば、お母さんのストレスは激減するでしょう。また、お父さんやほかの家族ともコミュニケーションがとりやすい環境となることも大きなメリットです。

 
 

まとめ

・ベビーサインって、どんなもの?

・ベビーサインを教える時の注意点

・ベビーサインを赤ちゃんに教えるメリット

ベビーサインを使って赤ちゃんと会話ができれば、お母さんと赤ちゃんの絆はさらに深まります。ただ、言葉もわからない赤ちゃんにベビーサインを教えることは、簡単なことではありません。焦らず気長に赤ちゃんに伝えていきましょう。


関連記事

コメントは利用できません。