親子ですくすく子育て応援サイト

menu

mom-ma

産後うつのようになってしまったら、どうすればいい?

  • 2019
アイキャッチ画像

産後、さまざまな理由によって産後うつを発症してしまうママもいます。決して珍しいものではなく、産後ママの5~10%にあたるママに産後うつの症状が見られるとされています(参考元:日本産科婦人科学会「産婦人科診療ガイドライン-産科編2017)。

 
 

そもそも産後うつとはなに?

画像1

産後うつとは、名前の通り、出産後にママがうつ状態になってしまう状態を指します。赤ちゃんがかわいいと思えない、赤ちゃんの鳴き声が怖いといったような赤ちゃんに対する感情を抱いてしまいます。また、自分が無力な母親だと感じたり、何をしても楽しめないといったような自分自身に対する感情が湧き出てくる場合もあります。さらに、不眠症、食欲不振、胃痛などといった身体的な症状が現れるケースもあるようです。

 
 

産後うつは、どのくらい続くの?

画像2

産後うつの症状は、出産後1~2週間後から現れることが多いです。また、数ヶ月後、1年後に現れるケースも少なくありません。短い場合は1ヶ月ほどで症状が治まりますが、長引くと2年ほど症状が続く場合もあります。

 
 

産後うつの対処法

画像3

産後うつの症状があらわれている時は、休息をとることが重要です。赤ちゃんのお世話などは、最低限で大丈夫なのだと自身のハードルを下げるようにしましょう。そして、ゆっくりとリラックスできる時間をとることを意識し、心と体を休ませてあげることが重要です。

 
 

まとめ

・そもそも産後うつとはなに?

・産後うつは、どのくらい続くの?

・産後うつの対処法

産後うつとどういった症状なのか、おのくらい続くものなのか、産後うつの対処法はどうすればいいのかといったことを解説しました。産後うつになった場合は、ついつい自分を責めがちです。けれど、ホルモンバランスや育児疲れで起きている症状なのだということを理解し、自分を責めるのはやめましょう。反対に、休息をとる、リラックスするなど、自分をいたわってあげるようにしてくださいね。


関連記事

コメントは利用できません。