親子ですくすく子育て応援サイト

menu

mom-ma

子どもにとって大事な言葉とは?

言葉_001

子どもが大きくなるにつれ、お母さんが怒る回数も増えていませんか?子どもにとって大人の言葉は感情を読み取る一つの意思疎通でもあります。では、いったいどのような言葉をかけたらいいのでしょうか?

 
 

ありがとう

言葉_002

「ありがとう」この言葉を言われて嫌な思いをする子はいません。大人でも嬉しくなりますよね。何かをしたら「ありがとう」と言われる、感謝されることが幸せだと感じられる子どもになります。タオルを持ってきてくれたとか、服を畳んでくれたなどちょっとしたことでも「ありがとう」と笑顔で言ってあげましょう。

 
 

ごめんね

言葉_003

どうしても子どもに怒ってしまうことはありますよね。飲み物をこぼされたり、ご飯を作ってもイヤと言われてしまって怒ってしまうこともあります。怒ることはとても大切です。しかし強く怒ってしまった場合や、八つ当たりみたいに怒ってしまった時は「ごめんね」と声をかけてあげましょう。そうすることによって子どもも自然に「ごめんね」と言える子に育ってきます。

 
 

よくできたね!

言葉_004

子どもは褒められるのが大好きです!褒めてもらえることにより、またお手伝いしたい!もっと頑張ろうと思うことができます。コップを台所に持ってくるだけでもいいのです。途中で飲み物をこぼしてしまってもそれも愛嬌です。「よくできたね、ありがとう」と子どもに伝えてあげましょう。きっと人の気持ちを考えられる優しい子に育ってくれます。

 
 

まとめ

お母さんになると子どもに優しく接することができない日もあります。毎日子育てと家事で大変なお母さんですが、子どもはお母さんが大好きです。

ぜひ今日はいっぱい色んな良い言葉をかけてあげましょう。


関連記事

コメントは利用できません。