親子ですくすく子育て応援サイト

menu

まんまーれ

  • まんまーれ親

今だからこそ、おうちで裸足生活、始めよう!

これから日に日に寒くなってきますが…皆さんいかがお過ごしでしょうか。

さて今回は、おうちの中で「裸足」で過ごすことのメリットについてお伝えします。

「運動能力向上・脳の発達・風邪をひきにくくなる」この3つをピックアップしながら、詳しく解説していきますね。

寒さに負けない裸足生活、始めてみませんか?

運動能力向上の手助けを

歩いたり体を動かしたりする際、裸足でいることで平衡感覚をつけたり、足のふんばりがきいたりといったメリットがあります。

また裸足で遊ぶことは、土踏まずの形成などといった子どもの足裏の発達にもよいですね。

体幹が鍛えられて、子どもたちが転んだりケガをしたりすることも減るといったこともあるそうですよ。

実際におうちで裸足になってみましたが、まず足指が開いてゆったりすることと、足で地面を踏みしめるといった感覚を強く感じました。

外で裸足になりにくいと思うので、ぜひおうちでは、裸足で過ごしてみてほしいですね。

脳の発達に

子どもが幼児期に裸足で過ごすことで、足裏からの感覚神経を刺激され、脳の発達にもかかわってきます。

脳神経細胞の発達は、10歳までにおこなわれるといわれています。

脳の発達が著しい子ども期の間、できるだけ裸足で過ごすことで、脳育になるメリットもあります。

足指を使った遊びとして、お子さんと足指ジャンケンしてみたり、足指でずりずり前に進む「イモムシ歩き」をしてみたり、赤ちゃんを卒業した今だからこその「ハイハイレース」を楽しんでみるのもどうでしょうか?

楽しいおうち時間になりそうですね!

風邪をひきにくくなる

寒い冬にも裸足で過ごす時間を作ることで、寒さに対しての体の自己調節機能が強化され、風邪をひきにくくさせるといったメリットがあります。

裸足になることで、風邪をひきにくくなるなんて、いいなあと思ってしまいますね。

うちの子どもたちは裸足が好きというか、靴下が嫌いな子でしたので(当時意識していたわけではありませんが)、室内は寒い冬でもずっと裸足でした。

中2・小5になった今でも、自宅で靴下は履きません。

地べたをペタペタと歩く感覚が、足にしっくりくるのでしょうか…

もしも靴下を脱ぐのを嫌がるお子さんの場合は、初めは難しいかもしれませんが、少しずつでも裸足の気持ちよさを味わってもらう時間を作って、裸足時間を増やしていただけたらいいなと思います。

あまりに寒がるようでしたら無理はさせない方がよいですが、スタートするとしたら、今の時期からがおすすめかなあとは思います!

まとめ

・おうちで裸足生活のメリットについてお伝えします

・「運動能力向上・脳の発達・風邪をひきにくくなる」いいことだらけです!

・完全に寒くない、この時期から始めてみてはいかがですか?

子供が裸足で遊ぶ3つのメリットとは?【足育】 | 社会保険労務士事務所 ファインネクサス (finexus.jp)

CiNii 論文 – <原著>裸足教育による幼児の運動能力の発達(幼児教育)

脳の発達と、足の親指の不思議な関係 | GAIAPRESS

3歳・7歳・10歳は子どもの脳の発達の節目 |PHPファミリー|子育てママ、パパを応援 (php.co.jp)

裸足保育 (server-shared.com)

コメントは利用できません。