親子ですくすく子育て応援サイト

menu

mom-ma

習い事、英語はやるべきか

画像1

こんにちは。習い事の種類は多く、勉強になるものから身体を丈夫にするもの、感性を磨くものまで様々。今回は英語を習い事として学ぶべきか、メリット・デメリットを交えお伝えします!

 
 

小学校から英語の授業がある!

画像2

2020年から小学5・6年生は英語が教科必修となります。(2018年から先行実施している学校もあります)3・4年生も「外国語活動」として新たに導入されるのです。パパ・ママ世代では中学校からの教科だった英語。しかし、我が子は小学校から成績評価されるため、なんとかリードしたいという思いから英会話スクールに通わせたいと考える方も多いようです。

 
 

英会話スクールに通うメリット

画像3

まず、子供が英会話スクールに通うことで得られるメリットはたくさんあります。講師がネイティブであればキレイな発音、外国の文化を学ぶことができます。講師は豊富な知識・ノウハウをもっていますし、英語習得に必要な能力を引き出してくれます。教室に通うことで「読む」「書く」「話す」「聞く」といった英語習得に必要なことをバランス良く養うことが可能なのです。幼いうちからこうした経験をすることで、子供は視野の広い、国際社会に通用する価値観を持つことができます。

 
 

英会話スクールに通うデメリット

画像4

一方、親からするとメリットばかりではありません。送り迎えが必要になる場合も多く、月謝が他の習い事と比べて割高になってしまいます。月謝は週1回で月7千円~1万円を超えることも。大体ピアノやバレエと同じくらいですね。時間も週1回なら年間50時間弱。スクールに通っているからといってまかせっきりできません。英語習得には2000時間以上かかるともいわれています。

 
 

まとめ

いかがでしたか。デメリットもありますが、子供の財産となるようなメリットもたくさんあります。親子で一緒に英語を楽しむ入口として英会話スクールを活用するのもいいかもしれないですね。


関連記事

コメントは利用できません。