親子ですくすく子育て応援サイト

menu

mom-ma

気をつけてあげて!新生児の便秘の症状

アイキャッチ画像

新生児の様子はどんな些細なことでも気になるものですが、何日もうんちが出ていないと心配になりますよね。新生児の赤ちゃんは便秘になった時、どんな症状をあらわすのでしょうか。

 
 

うんちをする時に苦しそうにする

画像1

うんちをするときに、顔が真っ赤になるまで力強くいきんだりして、うんちを出すのがとても大変そうな仕草を見せます。

 
 

機嫌がよくない

画像2

母乳やミルクをたくさん飲んで、おむつも頻繁に替えているのに泣いてばかり。抱っこをしても機嫌が直らない。このような症状が続く時は、うんちがたまっておなかが不快に感じ、赤ちゃんの機嫌が悪くなっているのかもしれません。

 
 

固いうんちに血がついている

画像3

赤ちゃんのうんちを見ていると、いつもよりも固い場合、そして少し血がついてる場合は、便秘の可能性があります。血がつくのは、固いうんちを無理やりだそうとすることで、肛門の周りを傷つけてしまうためです。

 
 

母乳やミルクを飲む量が少なくなっている

画像4

赤ちゃんがいつもよりも母乳やミルクをあまり飲まない、離乳食を食べる量が少なくなっているという場合、おなかにうんちがたまって苦しいのが原因かもしれません。そのため、食欲がなくなって母乳やミルク、離乳食を口にするのが負担になっている可能性があります。

 
 

まとめ

赤ちゃんは自分で苦しい症状を話すことができないので、こちらが察してあげる必要があります。新生児の頃は運動不足によって便秘になりやすく、生後2ヶ月頃は消化器官が発達してきて便秘になりやすいです。そして離乳食を食べ始めた頃にも食事内容が変わるため、同じく便秘を引き起こしやすいと言われています。症状が続くようであれば、1度かかりつけの医師に診てもらいましょう。


関連記事

コメントは利用できません。