親子ですくすく子育て応援サイト

menu

mom-ma

子どもも楽しめて、メリットもいっぱい!新しい病院・歯医者の内覧会!

写真1

新しい病院や歯医者がオープンする際、オープン前に「内覧会」を開催するケースが増えています。我が家は今までに複数の内覧会に足を運んだことがある為、メリットなどをご紹介します。

 
 

内覧会の告知方法は?

開業予定地に貼り紙をしたり、近隣の方々へポスティング、病院のHPやFBで告知するケースなどがあるようです。内覧会開催日時や内容などが記載されている他、先生の経歴などが掲載されているケースも多いです。

 
 

内覧会の内容は?

病院・歯医者により、内容は様々です。院内の見学ができたり、使用している機器をみることができたり、先生や看護師さんなどと直接おはなししたりすることができます。病院(特に小児科系)によっては、子ども向けにシールラリーや、工作などのワークショップを開催していたり白衣を着て写真撮影ができるコーナーを設けているケースもあります。

 
 

一番驚いた、内覧会!

写真2

医療機器関連会社の協力もあった上で最新医療機器の体験会を行っている病院がありました。子どもの医療体験ということで、保護者同伴でモデルの人形を使い「内視鏡」や「超音波」などを操作させてもらえる体験会でした。妊娠9か月のママのお腹を想定して作った、妊婦さんの人形のお腹に、子どもが実際にエコーをあて、4Dで赤ちゃんを見させてもらえるコーナーが特に印象に残っています。子どもたちにとっては、お医者さん気分を味わうだけではなく、命について考える良い機会にもなったようです。また、最新機器であるカプセル型の大腸・小腸の内視鏡や、腸内洗浄などの機器の説明は、保護者の方々に大好評だったようです。

 
 

薬局でも、内覧会同時開催!

写真3

病院がオープンする際、すぐ近くに薬局が同時オープンするケースも多いですね。その場合は、薬局でも内覧会を開催しているケースもあります。普段入ることができるない「調剤室」を見学させてもらえます。また、薬のかわりに「ラムネ」を、調剤の際に使用するマシーンにかけ、実際に薬(ラムネ)を用意させてもらえる体験をさせてもらったケースもありました。

写真4

 
 

嬉しいお土産!

写真5

自費診療の際に利用できる割引チケットや、文房具などのノベリティもいただきました。医療に関するカードゲームをいただいたこともあります。ちなみに、薬局では経口補水液をいただいたこともあります。

 
 

メリットは?

かかりつけ医を決めている人にとって、新しい病院に行くことは、勇気がいることかもしれませんね。内覧会では先生と直接触れ合えるだけではなく、院内の様子、診察日や予約システムなどの詳細も知ることができます。先生の専門分野などを詳しく知ることもできる為、持病などの相談先に悩んでいる方などにもオススメです。

 
 

まとめ

内覧会は、自分自身に合うかどうか判断する良い機会となります。新しい病院・歯医者などがオープンする際、内覧会の有無などを調べてみることをオススメします。お子さんでも楽しめて、役に立つ内覧会もありますのでぜひ足を運んでみてくださいね!


関連記事

コメントは利用できません。