親子ですくすく子育て応援サイト

menu

mom-ma

ハロウィン仮装☆フェルトで作るかぼちゃ衣装

ハロウィンカボチャの衣装

10月はハロウィン!様々な所で「仮装OK!」と書かれているイベントがあります。子供に仮装をさせたいなと思っているママも多いのではないでしょうか?

不器用だから作るのは無理と諦めてしまっては勿体ないです!100均で材料も揃えられて、簡単に作れるかぼちゃ衣装を今回は紹介をします。

<材料>

 
ハロウィンカボチャの衣装
 

・オレンジ色のフェルト 60cm×60cm 2枚

・緑色のフェルト

・黒色のフェルト

・手芸用ボンド

・ゴム

 

<作り方>

 

①それぞれのパーツを裁断します。オレンジ色はワンピース部分、緑色は首元の葉っぱ部分、黒色は顔部分に使います。

 
ハロウィンカボチャの衣装ハロウィンカボチャの衣装
 

片側はボタンを付けるために、後ろの生地を少し長めに切っておきます。

 
ハロウィンカボチャの衣装
ハロウィンカボチャの衣装ハロウィンカボチャの衣装
 

丸を4つ描いて裁断すると、均等に波ができます。

②顔パーツをワンピースに手芸用ボンドでくっ付けて縫う。

③首元の葉っぱも同様にする。

④肩にボタンを付ける。強度を増すために、ボタン部分はフェルトを2重にした方が良いです。

 
ハロウィンカボチャの衣装
 

⑤ワンピース部分を中表にして、肩・脇を縫います。腕を出す部分は数センチ開けておきます。

⑥下を三つ折りにして、縫います。この時、ゴム通しの穴を2cm開けておきます。

⑦表に返してアイロンをかけ、ゴムを通せば完成です。

ハロウィンカボチャの衣装

(身長78cmの娘が着ています。)

 

<簡略ポイント>

 

もっと簡単に出来るポイントですが、デメリットもあります。

・顔と葉っぱのパーツは手芸用ボンドのみでOK。

→洗濯に弱くなる。

・肩にボタンをつけないで、両肩とも縫ってしまう。

→頭の大きい月齢の小さい子供だと首元を広くしないといけないため、肩がゆるめとなってしまう。ボタン以外にもマジックテープや金属のスナップボタンという方法もあります。

・裁断時、ワンピースの下の幅を短く切り、ゴムを通さない様にする。

 

<まとめ>

 

・材料は全て100均で揃います。

・フェルトは端の始末が不要なので、扱いやすいです。

・最低限縫う部分は肩と脇のみ!


関連記事

コメントは利用できません。