親子ですくすく子育て応援サイト

menu

まんまーれ

  • まんまーれ親

お子さんとおうち工作に!ペットボトルで風鈴づくり

ペットボトル工作、簡単なのでいえばマラカスやシャワーから、浮沈子や風車まで、色々なものが作れますよね。今回は、ペットボトル容器を使った風鈴づくりの作り方紹介です。「メリーゴーランド風の風鈴」「鳥かご風の風鈴」どちらもかわいいですよ。ぜひ、お子さんとおうちで作ってほしいなと思います!

【基礎編】メリーゴーランド風の風鈴

まずは、メリーゴーランド風の風鈴を作ってみましょう。ペットボトルの透明感を生かしたデザインになっています。とても簡単でかわいいですよ!

【材料】

・ペットボトル容器 1つ

・タコ糸(手芸コーナーか、キッチンコーナーにあります。サイズが2種類ある場合、細めがよいです)

・油性マジック

・鈴(ダイソーの手芸売り場にあった、小さめの鈴を使いました。セリアにあるのは大きめです。チリチリいうのが気になる方は、鈴なしでもいいかと)

・ビーズ(ブレスレットとかを作る用のビーズ。タコ糸をペットボトルフタの下で固定するために使います。タコ糸が通る大き目の穴が開いているものを)

・色画用紙(今回はセリアの「にほんのいろ」シリーズにしました)

・千枚通し(100均にあります)

・段ボールも切れるハサミ リサイクルハサミ(100均にあるかと思います。私はペットボトルなどこれで切っています。子どもの工作にもガシガシ使えるので、ひとつあるとかなり便利です!)

・パンチ(短冊に穴を開ける用です。普段使いに、工作に結構使えるのでおすすめです!100均にもありますし、長く使うことを考えて文房具屋でもよいでしょう)

【作り方】

① ペットボトル容器をお好きな長さでカット、上の部分を使用します。端っこが気になる場合、セロテープ等で保護しましょう。ペットボトルフタを取り外し、表側から千枚通しで中央部分に穴を開けます。

② メリーゴーランドっぽくイラストを描きます(たまたま自宅にあった「濃い茶」のボトル上部に縞が入っていたので、そこに沿わせてみました。)

③ 画用紙をお好きなサイズに切り、パンチで穴を開けます。パンチの位置が難しい場合、先にパンチで穴あけしたあと、画用紙を切るのがおすすめです。

④ タコ糸を60~70㎝くらいの長さにカット(長めに切った方が後から調整がきくので)。

⑤ ペットボトルフタの下のストッパーとして、ビーズを通し堅結びします。ビーズが動かなければOKです。

⑥ ペットボトル内部からフタ部分にタコ糸を通します。通しにくい場合、フタと本体をばらして、まず本体を通したあと、フタを通してからキャップを締めましょう。

⑦ ビーズ位置がちょうどよくない場合、位置を微調整します。タコ糸のおかげで結び直しがしやすいのがメリットです。

⑧ 短冊と鈴を堅結びで結び合わせます(鈴をペットボトル内部あたりの位置に入れたい場合、途中で結んでもよいです)。

⑨ ひっかける用に堅結びし、余りをカットして出来上がり!

【応用編】鳥かご風の風鈴

鳥かごの中で、フェルトで作られた鳥さんがゆらゆらします。メリーゴーランド風の風鈴より、やや製作に時間がかかるのと手間が結構かかりますが、出来上がったときの感動はひとしおです!先に「メリーゴーランド風の風鈴」を作ってみて、だいたいの流れを把握したあとにこちらを作るのがおすすめです。

【材料】

先ほどの材料の中で、不要なものは油性マジックです。かわりに下記のものを準備しましょう。

・フェルト(お好きな色。やわらかいタイプの方が、風合いが良いのでおすすめです)

・マスキングテープ(鳥かご部分をマステにしました)

・木工用ボンド(フェルトを貼ったり、紐とフェルトを固定したりするために使います)

【作り方】

<鳥かご部分>

マスキングテープを適当な大きさにカットし、半分の幅にカット、鳥かごのように貼っていきます。上の部分を横に貼る際はシワが寄ってしまったので、短くカットしながら貼りました。間隔を大きめに貼っているのは、中にいる鳥が見えにくくならないようにするためです。※今回使ったペットボトル容器は、切った端があまり毛羽立たなかったので、端の処理は何もしませんでした。

<フェルト部分>

① 好きな色を使って鳥のからだ、羽根、白目と黒目、くちばし、足のパーツを切ります。お好きにアレンジしてみてくださいね。

② 土台に貼っていきます。手作りの味が出るので、フリーハンドでやっちゃいましょう!裏表同じサイズになるように2枚つくります。

③ ペットボトルを鳥かごと見立てた際に、ちょうどいい位置くらいになるよう調整しながら、紐をはさみこんで2枚のフェルトを貼り合わせます(フリーハンドなので、裏側の鳥は微妙にいろいろ違います)。

気を付けたいところとして、フェルトとタコ糸はボンドで貼り合わせるため、あまりに大きく場所がずれると調整がきかなくなります。フェルトと紐を貼り合わせる→フタに紐を通して、ビーズの位置を決める→最後に上のひっかけ部分の紐を結び、下の短冊・鈴部分も結ぶ という順番を守ることが重要です!メリーゴーランドのほうは、順番を間違えてもなんとかなります。ボンドが乾いたら完成です!

まとめ

お子さんとのおうち工作におすすめ、ペットボトル容器で風鈴づくり「メリーゴーランド風」「鳥かご風」の作り方紹介でした。サイズはご自分のしっくりくるサイズで、ぜひ作っていただけたらと思います。こちらの作り方以外にも、シールやマスキングテープでデコレーションしたり、パーツを貼り合わせたり、色々アレンジして自分だけのマイ風鈴作ってみて下さいね!

コメントは利用できません。