親子ですくすく子育て応援サイト

menu

mom-ma

幼少期の習い事におすすめの「ピアノ」

アイキャッチ画像

子どもの習い事は何がいいのか悩んだことはありませんか?音楽が好きだから何か楽器をさせてみたいな。でも何の楽器がいいかな?うちの子レッスン中、座ってられるかしら?そんな悩みをもつママ・パパも多いのではないでしょうか。今回は、幼少期の習い事におすすめの「ピアノ」についておすすめの理由をご紹介します。

 
 

ピアノを習うと頭が良くなる

①

ピアノを習うと頭が良くなる、という話は聞いたことがあるかもしれませんね。ピアノを弾く時はただ鍵盤を叩いているだけかと感じるかもしれませんが、実は様々なことを同時に行っているんです。ピアノを弾けるようになるには複雑な動きをいくつも乗り越える必要があります。同時に集中して様々なことをできるようになるので、頭が良くなると言われているんです。東大生の半数以上はピアノ経験者と言われているのも納得ですよね。

 
 

粘り強さが鍛えられる

②

ピアノはレッスンも大切ですが、一番大切なのが自宅での練習です。新しい曲に入ると楽譜を読むところから始まり、リズムを把握して片手ずつ一小節ごとに練習、その後両手の練習になります。この間、何十回と同じ練習を繰り返すので、当然集中力も粘り強さも鍛えられます。正確に弾けるようになった後も、音楽的に演奏する練習など、ゴールがあるようでないのがピアノ。ゴールが見えにくい中での繰り返しの練習は、粘り強さが鍛えられる所以かもしれませんね。

 
 

表現が上手くなる

大人しくて引っ込み思案なお子さんにも、ピアノを習うことはおすすめです。ピアノは、イメージ的におとなしく座って先生に言われたことをこなすだけだと思われる方も多いかもしれませんが、実際は全く違うものです。リズムを体に染み込ませるために、体を動かすこともあります。また、音楽は気持ちの表現なので、歌を歌って弾きたいイメージを膨らませます。またその音楽を聴いてどんな気持ちを表現したいかなどの意見を求められる場合も多いもの。そのため、ピアノを習うと表現が上手くなるのでおすすめです。

 
 

まとめ

ピアノは、習ったことのない人からすると単純作業に見えていることも多いようですが、実は様々なことが絡み合った複雑な作業になります。赤ちゃんからお年寄り、また男女問わず、全ての人におすすめしたい習い事です。興味があるけど迷っているという方は、ご近所にあるピアノ教室で見学させてもらうのも良いかもしれませんね。


関連記事

コメントは利用できません。