親子ですくすく子育て応援サイト

menu

まんまーれ

  • まんまーれ親

読み聞かせに最適!人気のおすすめ絵本3選その4

  • 2020
にゅーっするするする

今回も、長く愛される絵本の中から、特に0~2歳くらいのお子さんへの読み聞かせにおすすめな絵本、3冊をご紹介いたします。

それぞれタッチが違いますが、どのおすすめ絵本も色彩豊かに表現されており、赤ちゃんでも視覚的に楽しめるのではないでしょうか。

繰り返しのリズム感が楽しいシンプルなフレーズも、読み聞かせに最適です。

「じゃあじゃあびりびり」作・絵:まついのりこ「じゃあじゃあびりびり」作・絵:まついのりこ


じゃあじゃあびりびり(まついのりこのあかちゃんのほん)

ページをめくるたびに、自動車の音や犬の鳴き声などを擬音で表現する内容です。非常にシンプルな文章ですが、リズミカルな擬音は赤ちゃんも楽しめるでしょう。

大胆に簡略化されたイラストは、色使いがはっきりしており、たいへん見やすいです。

汚れと破損を防ぐ加工がしてありますので、丈夫で長持ちすることも高得点のおすすめ絵本です。

「でてこいでてこい」林明子作


でてこいでてこい(0.1.2えほん)

ページをめくると、隠れていた生き物が飛び出してくる楽しい絵本です。どんな生き物が出てくるか、お子さんと一緒に想像しながら読むのも楽しいですね。

大きく見やすいイラストで、色もとても鮮やかです。擬音の繰り返しはリズム感も良く、鳴き声を真似しながら読めば、コミュニケーションも深まりますね!

最後のページでは、大きな生き物の他に、見逃しがちな小さな生き物が一匹飛び出してきます。お子さんの発見につながるような作りも、よく考えられているおすすめ絵本です。

「にゅーっ するするする」長新太文・絵


にゅーっ するするする(幼児絵本シリーズ)

地面から出てきたくねくねした手が、自動車も飛行機も土の中へ引きこんでしまうという、なんだかちょっと怖い、だけど面白い絵本です。

文章は「にゅーっ」「するするする」の繰り返し。楽しいことばの響きと、へんてこな物語が子供たちの好奇心を刺激してくれるのではないでしょうか。

特に飛行機を引き込む場面は大迫力!へんてこな手の、底知れない力がうまく表現されています。

面白いと感じるか、怖いと感じるかはお子さん次第・・・。大人になっても覚えていそうな、とてもシュールでユーモラスなおすすめ絵本です。

ehon_girl

どの絵本も、お子さんとのコミュニケーションを深めるだけでなく、語彙力のアップや集中力アップにつながりそうですね。

特に、最後にご紹介した「にゅーっ するするする」は、赤ちゃんはもちろん、少し大きなお子さんにも非常におすすめです。なんだろう、どうしてだろうと想像することが、お子さんの思考力を育んでくれるはずですよ。

まとめ


・温かみがあり、親しみやすい絵です。

・赤ちゃんでも認識しやすいように描かれています。

・リズミカルな言葉が、お子さんの語彙力アップにつながります。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。