親子ですくすく子育て応援サイト

menu

まんまーれ

  • まんまーれ親

読み聞かせに最適!人気のおすすめ絵本3選その1

  • 2020
がたんごとん

絵本の読み聞かせに、様々な良い効果があることは広く知られていますが、たくさんの作品の中から、どのような絵本を選んだら良いか迷ってしまいますね。

今回は長年愛されている絵本の中から、特に0~2歳くらいのお子さんへの読み聞かせに最適なおすすめ絵本を3冊ご紹介いたします。

「がたんごとん がたんごとん」安西水丸作/福音館書店


がたん ごとん がたん ごとん

1987年の出版から、100万部以上を売り上げているベストセラー絵本。汽車が女の子のもとに、哺乳瓶やリンゴ、カップやスプーンの乗客を送り届けるお話です。

文章は非常にシンプルな「がたんごとん」というフレーズの繰り返しで構成されており、この繰り返しのリズムが子供たちに楽しく感じられるようです。

はっきりとした色づかいのイラストで、特に汽車の黒色が他のキャラクタの色を引き立てていますので、赤ちゃんの目にも認識しやすいのではないでしょうか?

乗客を乗せたときの、汽車のちょっとした表情の変化も面白いですし、シンプルなお話ですので、読み聞かせのアレンジもしやすいです。

女の子と乗客の笑顔を見届け、その楽しそうな輪に加わることなく「さようなら」と一言残し、次の仕事に向かっていく汽車。まるで昔気質の職人のようで、なんとなく親としての立場も考えさせられるおすすめ絵本です。

「がたんごとん がたんごとん ざぶんざぶん」安西水丸作/福音館書店


がたん ごとん がたん ごとん ざぶん ざぶん

お話は前作同様、汽車が女の子のもとにアイスクリームやスイカなど、夏を連想させる乗客たちを送り届けるストーリー。今作では、イラストに鮮やかな海の色が追加されて、見た目にもとても爽やかなおすすめ絵本です。

炎天下に弱そうな乗客が多いからでしょうか?今作では、汽車は常に表情を変えずに最後まで全力疾走です。相変わらずの職人気質、流石です。単純に暑いからだけだったりして・・・。

「くだもの」平山和子文・絵/福音館書店「くだもの」平山和子文・絵


くだもの

1981年に出版されて以来、今なお様々な絵本紹介で紹介されているおすすめ絵本です。美しく、そして瑞々しく描かれた果物と、それらを「さあどうぞ」と差し出してくれる、優しい手が登場する作品です。

食べさせる真似をして遊ぶなど、お子さんとコミュニケーションする楽しさが増すことが人気の秘密のようです。

この果物はどんな風に切って食べるのか、そういったことの勉強にもつながりますね。

最初は「さあどうぞ」と食べさせてもらっていた果物も、お話の最後で登場するバナナは、自分で皮をむいて食べられるようになります。

やがて成長する子供たち、そして保護者に向けた、著者からのメッセージのように感じますね。

シンプルな中に普遍的な事柄が表現された、非常に優れた作品だと思います。

親子の会話

どの作品も、大人も子供も楽しめる優れた作品だと思います。おすすめ絵本を使った読み聞かせでお子さんとコミュニケーションをとりながら、素敵な時間を作ってくださいね!

まとめ


・繰り返しのリズムが楽しい作品です。

・鮮やかなイラストが美しく、子供も大人も楽しめます。

・シンプルな文章なので、読み聞かせのアレンジをしやすいです。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。