親子ですくすく子育て応援サイト

menu

まんまーれ

  • まんまーれ親

抱っこひもは赤ちゃんに負担?抱き癖がつく?

赤ちゃんを抱っこしすぎてしまうと「抱き癖がつくから良くない」と言われることがありますよね。でも、あかちゃんをたくさん抱っこすることは、本当に良くないことなのでしょうか。また、抱っこひもを使って赤ちゃんを抱っこすることは、赤ちゃんにとって負担になることなのでしょうか。

 
 

抱っこをしすぎてしまうと、抱き癖はつくの?

画像1

確かに昔は、赤ちゃんを抱っこしすぎると抱き癖がついてしまうという考えがありました。けれど、最近では、そのような心配をする必要はないという考えが広まっています。むしろ、抱き癖がつくどころか、抱っこしてもらうことで赤ちゃんは安心感を得て、気持ちが安定すると考えられているのです。また、この他にも赤ちゃんが得るメリットが大きいことがわかっています。

 
 

抱っこは赤ちゃんとのスキンシップの時間

画像2

赤ちゃんは、自分が思っていることを「泣く」ということでしかお母さんに伝えることができません。その赤ちゃんからのメッセージに対してお母さんが無反応であれば、赤ちゃんはずっと不安な気持ちを抱えたまま過ごすことになってしまいます。もし、抱き癖といわれるような様子が見られても、成長とともに自然に解消されていくものです。あまり抱き癖にこだわらず、赤ちゃんとのスキンシップを重視して、いっぱい抱っこしてあげるといいでしょう。

 
 

抱っこひもは赤ちゃんに負担?

画像3

抱っこひもは少なからず赤ちゃんに負担があるようです。実際に、大手ベビーメーカーでは、抱っこひもを使うのは連続2時間までにしてくださいと注意をしています。2時間以上続けて使用してしまうと、赤ちゃんだけではなくお母さんの体調も損ねてしまうことがあるようです。もちろん、この2時間というのはあくまでも目安なので、赤ちゃんの様子をみて臨機応変に対応してあげてくださいね。

 
 

まとめ

・抱っこをしすぎてしまうと、抱き癖はつくの?

・抱っこは赤ちゃんとのスキンシップの時間

・抱っこひもは赤ちゃんに負担?

抱っこをすると抱き癖がつくと言われますが、今は赤ちゃんとのコミュニケーションをとる方が重要だと考えられています。抱っこは赤ちゃんとスキンシップできる大事な時間なので、思い切り愛情を込めて抱っこしてあげるといいでしょう。ただし、抱っこひもを使う場合は、連続して長時間使用しすぎないように注意しましょう。

コメントは利用できません。