親子ですくすく子育て応援サイト

menu

mom-ma

初・天王洲アイルへのおでかけ!

写真0

「我が家が普段足を運ばないエリアに、たまには行ってみたいな!」という思いから足を運んだのが「天王洲アイル」でした。人気の公園があり、運河もみられ、橋もあるということをネットで知り、興味を持った関係です。大井町も含め、実際におでかけしてみた為、レポートします。

 
 

品川で新幹線をみながらランチ

写真1

まずは品川駅周辺でランチをした為、その時のことからご紹介します。「バーミヤン品川グランドコモンズ店」(住所:東京都港区港南2-16-2 太陽生命品川ビル3F)ですかいらーくグループの株主優待を使ってランチをしました。「普通のファミレスでしょ?」と思われるかもしれませんが、このバーミヤンの店舗の端の窓際席からは品川駅にむかう新幹線を眺めることができるのです。息子が大喜びしながら、新幹線をみたり、食事をしたりしていました。品川はオフィス街では、土日オープンしているお店も意外と少ないです。このバーミヤンも、それ程混み合ってはいなくてよかったです。ちなみに、11:30前に入店した為、新幹線がよく見える席に座ることができました。

 
 

都営バスを利用して天王洲アイルへ移動!

天王洲アイルに行くには複数の方法がありますが、品川駅からバスに乗った経験もなかった為、今回はバスで向かってみることにしました。普段は乗らない路線ということで新鮮でしたし、運河などもあり、楽しめました。土日だった関係もあり、バスも混んではいませんでした。

 
 

天王洲アイルへ到着!まずは「天王洲公園」へ!

今回の目的地の一つにしていたのが「天王洲公園」でした。天王洲アイル駅からすぐのところにある公園です。(住所:東京都品川区東品川2-5-42)本格的なスポーツが楽しめる施設なども完備されていて野球の試合をちょうどしていました。なかなか、生の野球を見る機会がなかったので息子は興味津々でみていました。運河沿いにある公園で、運河の水辺近くをお散歩するのも楽しいです。まわりには高層ビルなども立ち並んでいて、なかなかみることのない光景です。以前「天王洲銀河劇場」に舞台をみにきた際に、この場所を訪れたことがありましたが、夜景もとてもきれいなスポットでした。この公園のオススメは、おもしろい形をした大きなすべり台があること!くじら型遊具とよばれているようです。見つけるやいなや駆け寄って、すべっていた子どもたちでした。

写真2

 
 

「アイル橋」を歩きながら、目黒川を渡る!

天王洲公園のはじには大きな橋がかかっていました。なかなか本格的な橋で、思わずわたってみたくなります。「アイル橋」という名の橋です。車などが走っているわけでもない為、自分のペースで楽しく橋を渡っていました。

 
 

「アイル橋」の先には「東品川海上公園」が!

写真3

アイル橋を渡ると、また違う大きな公園がありました。「東品川海上公園」という公園です。(住所:東京都品川区東品川2-6-22、3-9-21)一般的な遊具などある公園で、夏場は水遊びもできます。水はちょろちょろたくさんの箇所で軽く噴き上げている感じですので、乳幼児向けのあそびばといえそうです。花壇にはたくさんの花なども植えられていました。なお、春には桜もきれいない咲いているスポットとのことです。この公園にいる時、羽田空港が近い関係か飛行機が飛んでいくところを何度かみることができました!

写真4

 
 

臨海線に乗り、大井町へ!

息子が臨海線に乗ってみたいとのことだった為、大井町に行くことにしました。地下鉄ではありますが、また一つ乗ったことがある路線が増えて喜んでいました。到着後はイトーヨーカ堂のフードコートでおやつを食べることにしました。土日ということで、たくさんの人でにぎわっていました。その後は、アトレに移動しブラブラしました。4Fのユニクロ脇の通路にはちょっとしたおしゃれな細長い「キッズスペース」があり、絵本なども置かれていました。

写真5

 
 

まとめ

今回は子どもたちと一緒にはじめて行くエリアということで「天王洲アイル」そして「大井町」に足を運んでみました。普段足を運ばないエリアに行くことは意外と勇気がいりますが、なかなかみることができない貴重な光景もみられましたし、普段は遊ぶことがない遊具などでも遊ぶことができました。天王洲アイルの「天王洲公園」と「東品川海上公園」、そして「アイル橋」はオススメです。とてもお天気の良い日に行くことができた関係もありますが、広い公園で気持ちよく遊ぶことができました。おすすめのエリアですので、ぜひ足を運んでみてくださいね。

※サービス内容は変更となる可能性もあります。

最新の情報はHPでご確認ください。


関連記事

コメントは利用できません。