親子ですくすく子育て応援サイト

menu

mom-ma

車の中の便利アイテムを手作り!シートベルト枕の作り方

シートベルト枕①

ジュニアシートに乗れるようになった4歳頃でも、車内で寝てしまうことがあります。長距離ドライブやお昼寝時に、子どもの体勢を支えてくれるアイテムが「シートベルト枕」です。洗濯ができ、直線縫いで完成するのでぜひ作ってみてください!

 
 

シートベルト枕の作り方

<材料>

・布 60cm×39cm

・布 17×21.5cm×2

・プラスナップ 2組

・マジックテープ 20×5cm

・バスタオル 2枚

<道具>

・針と糸

・はさみ

 

1)まず、シートベルトに付けるカバーを作ります。17×21.5cmを裏生地・表生地の2枚で裁断する。

シートベルト枕②
 

2)2枚を重ね、中表でぐるりと一周縫う。

 

3)ひっくり返してアイロンで形を整え、返し口を縫う。

シートベルト枕③
 

4)真ん中にループ状のマジックテープを縫い付ける。

 

5)三つ折りに、シートベルトの幅に合わせてプラスナップを2組付ける。これでシートベルトに付けるカバーは完成です。

シートベルト枕④
 

6)次に枕カバーを作ります。生地を60×39cmに裁断する。

シートベルト枕⑤
 

7)ジグザグミシンで端の処理をして、1cm折り返し四隅を縫う。

シートベルト枕⑥
 

8)カバーの真ん中にフック状のマジックテープを縫い付ける。

シートベルト枕⑦
 

9)中央の重なる部分が4cmになるように折り、両端を縫う。

シートベルト枕⑧
シートベルト枕⑨
 

10)表にひっくり返し、プラスナップを2組付ける。

 

11)バスタオルを2枚重ねて丸めて中に入れたら完成です!

シートベルト枕⑩
シートベルト枕⑪
 

シートベルト枕⑫

シートベルトに付けるカバーは、シートベルトに装着します。枕部分は必要な時だけ付けます。マジックテープ式なので着脱しやすく、全て洗濯機で丸洗いができるので、衛生的です!

 
 

まとめ

・子どもが車内で寝てしまった時に便利なシートベルト枕の作り方。

・支えられるので寝ていても体勢が安定する。

・中身はバスタオルなので、カバーも中身も洗濯可能です。


関連記事

コメントは利用できません。