親子ですくすく子育て応援サイト

menu

mom-ma

ニューボーンフォトの魅力と注意点

アイキャッチ画像(ニューボーンフォト)

生まれたての赤ちゃんは、日に日に顔つきや体つきが変わります。どんな表情や動きもとても愛らしく、たくさん記録を残しておきたいですよね。そんなママに人気なのが“ニューボーンフォト”です。とても可愛い写真が撮れる一方、体力がない赤ちゃんを撮影するのは最新の注意が必要です。

 
 

ニューボーンフォトとは

挿入画像1(ニューボーンフォト)

ニューボーンフォトは、生後1週間~2週間くらいまでの赤ちゃんを撮影することです。基本的に、赤ちゃんが眠っている姿を撮影します。体の柔軟性を最大限活かしたポーズがいくつかあり、眠った後にゆっくりとポージングポージングさせるのがポイント。例えばうつ伏せで丸まったバンアップポーズや、顎の下に手をクロスするチンオンハンズポーズは、人気のポージングです。

 
 

ニューボーンフォトの魅力

挿入画像2(ニューボーンフォト)

ニューボーンフォトの魅力は、何といってもお母さんのお腹の中にいる時のような、神秘的で可愛らしい写真が取れることです。生後1ヶ月も経つと、一気に肉付きがよくなります。ですがニューボーンフォトを撮影する時期は、手足が細く、頼りなく繊細。この貴重な姿は本当に一瞬です。慣れない育児や授乳で疲れていると、なかなかこの貴重な時期を楽しむことができません。後でゆっくりとこの可愛い時期を思い返せるように、ニューボーンフォトを残しておくのはかなりおすすめです。

 
 

ニューボーンフォトの注意点

撮れる期間が少ないので無理をして撮影をしたくなりますが、赤ちゃんの機嫌が悪いときや、体調が優れない時は必ず中止しましょう。念のため、1~2日予備の日を決めておくと安心です。セルフで撮ることもできますが、赤ちゃんにポーズをつけさせることや撮影技術のことを考えると、プロのカメラマンに頼んだ方が安心。基本的に、ニューボーンフォトは、カメラマンが自宅に来て撮影をします。新生児についての知識を持った専門のカメラマンを選ぶことが重要です。

 
 

まとめ

・ニューボーンフォトは生後2週間以内がおすすめ

・独特で神秘的な雰囲気の写真が撮れる

・赤ちゃんを最優先させることが重要

ママやパパは、可愛い写真が撮りたい!と気合が入ってしまいますが、無理なポーズや長時間の撮影は厳禁です。ニューボーンフォトを考えている方は、産前にリサーチや準備をしっかりして、無理のない範囲で撮影をしてくださいね。


関連記事

コメントは利用できません。