親子ですくすく子育て応援サイト

menu

mom-ma

白い紙と折り紙を使った手作りすごろく!子どもと一緒に作って盛り上がろう

すごろく①

すごろくは白い紙があれば完成してしまう作りやすいボードゲームです。サイコロは牛乳パックで製作し、材料費はほぼ0円!イラストが苦手なママでも作りやすいよう、すごろくのマスは、貼るだけでカラフルになる折り紙で作っています。

 
 

すごろくの作り方

すごろく②

<材料>

・白くて大きな紙 1枚

・折り紙 3枚

・牛乳パック 1個

<道具>

・ぺん

・鉛筆

・はさみ

・のり

 

1)白くて大きな紙に「スタート」と「ゴール」を書く。

 

2)二つの地点を線で結ぶ。

→この時、線は目立たないように鉛筆で書くと良いです。

すごろく③
 

3)折り紙を三つ折りにし、さらに三つ折りにする。

すごろく④
 

4)重なった状態で丸く切る。

→一気に9枚の丸い折り紙が出来上がります。

すごろく⑤
 

5)鉛筆で描いた線に沿って、丸い折り紙を貼る。

すごろく⑥
 

6)好きなマスにイベントを書く。

すごろく⑦
 

7)次にサイコロとコマを作ります。牛乳パックを1辺づつに切る。

すごろく⑧
 

8)サイコロは2.5cm幅で印を付け、定規など硬いもので折り目を付ける。

→6面印を付けたら、余分な部分は切り落とします。

 

9)数字の数だけ●を書く。

→今回は小さい子ども用に数字ではなく、●を書きました。●の数は1~5までです。

すごろく⑨
 

9)コマは2.5cm幅で3枚切り、両側1.5cmづつ印を付け折り曲げる。

 

10)それぞれセロハンテープを使い、接着します。

 

11)コマにイラストを描くと完成です!

すごろく⑩
 

すごろく⑪

すごろくのイベント内容は年齢に合わせて書いたり、子どもと相談しながら書くことでさらに盛り上がります!すごろくは数の理解に役立つので、ぜひ、子どもと一緒に作り、遊んでみてください♪

 
 

まとめ

・白い紙と折り紙を使ったすごろくの作り方。

・製作時間は15分ほど。

・イベントの内容を変えることで家庭独自のすごろくが完成する。


関連記事

コメントは利用できません。