親子ですくすく子育て応援サイト

menu

mom-ma

繰り返し遊んで指先の器用さを養おう♪コイン落としの作り方

koinotoshi1

指先で小さなものをつまめるようになってくる1歳過ぎの赤ちゃんから遊べるおもちゃです。落とす素材によって、指先で挟んだりつまんだりするので、指先の器用さが養えるコイン落とし。タッパーや箱など開け締め出来る入れ物を使うことで、繰り返し遊べます。落とす素材は、廃材や市販品のタグなどを使えば身近な材料で手軽に出来ますよ♪年齢に合わせて、イラストや数字、英語など知育玩具の要素を入れるのもおすすめです。

 
 

必要な材料

koinotoshi2

●タッパー 1個

●段ボール、発泡トレー、牛乳パックなど 適量 

●セロテープ 適量

●ハサミ

●カッターナイフ

●色鉛筆、油性マジックなどの画材

作り方

 

koinotoshi3

タッパーの蓋を切る

タッパーの蓋をカッターナイフで切り抜きましょう。隙間や長さなどを変えて切り抜くと長く楽しめます。切り抜いた部分が鋭いと怪我をする恐れがあるので、ビニールテープやマスキングテープなどで保護しておきましょう。

koinotoshi4

切り抜くと写真のような感じになります。(貯金箱のお金を落とし入れる部分のようなイメージです。)

 

koinotoshi5

落とすコインパーツを作る

タッパーの蓋を切り抜いた落とし口に見合う大きさになるように、廃材を切りましょう。

koinotoshi6

牛乳パックは、半分に折ると強度が増すので、半分に折っておくとお子さんが遊びやすくなりますよ♪

 

koinotoshi7

コインパーツに絵を描く

切り抜いたコインパーツに好きな絵、数字、文字などを書きましょう。油性マジックで縁取りをし、塗り絵のようにするとお子さまと一緒に作れて楽しいですよ♪

koinotoshi8

油性マジックで書かないと、写真のように遊ぶたびにインクが取れてしまいます。

 

IMG_1508

完成!

牛乳パックの半分バージョンは側面をセロテープで貼り付けて完成です。タッパー蓋の切り抜いた部分にコインパーツを落とし入れて遊べるおもちゃです。

koinotoshi1

我が家は、コインパーツをお金に見立て、「お金を入れてください」と言いながらお店屋さんのように遊んでいます。タッパーの替わりに貯金箱を使うと切り抜き作業がなく、簡単に済みますね。(貯金箱を使う場合、コインパーツが小さくなるので、2歳くらいからがおすすめです。)

まとめ

・落とし口をコイン型ではなく、いろいろな形にすると、ぽっとん落としにもなります。

・コインパーツにいろいろな形・長さ、形を作れば、図形遊びを兼ねる知育玩具にもなります。

・タッパーの替わりに貯金箱を使ってもGOOD!


関連記事

コメントは利用できません。