親子ですくすく子育て応援サイト

menu

mom-ma

知育玩具を手作り!牛乳パックとフェルトで作る積み木

積み木①

両手が自由に使えるようになると、物を掴むのも上手になります。その時に子供に与えたいおもちゃは「積み木」積み木には知育効果も期待でき、1~3歳頃に訪れる「積む敏感期」にも役立つでしょう。今回は、モンテッソーリ教育でも注目される積み木を、牛乳パックとフェルトで手作りしました。

 
 

牛乳パックで作る積み木

積み木②

<材料>

・牛乳パック 2パック

・フェルト 40cm×30cm

・ボンド

・ハサミ

 

積み木③

①牛乳パックを開き、底と上部を切り落とす。長方形の形にする。

 

積み木④

②牛乳パックの4分の3にボンドをつけ、フェルトを貼り付ける。

 

積み木⑤

③牛乳パックに線を引き、長細く切る。

→1パックを6等分しました

 

積み木⑥

④ボンドを付けなかった4分の1を、牛乳パックとフェルトの一枚づつにし、三角にしたら貼り付ける。

→この時、牛乳パック同士・フェルト同士をくっ付けることで見た目のキレイさが上がります。

積み木⑦

⑤洗濯ばさみで乾くまで固定すると完成です!

積み木⑧

積んだり重ねたりと遊ぶことができます。フェルトのおかげで滑りにくく、子どもの手にも掴みやすく滑らない!40cm×30cmのフェルトで、牛乳パック2つ分が完成しました。フェルトにも柄付きが売っていますので、ぜひ可愛く作ってみてください!

 
 

まとめ

・牛乳パックとフェルトで作る積み木。

・製作時間は45分ほど。

・滑りにくく積みやすい。


関連記事

コメントは利用できません。