親子ですくすく子育て応援サイト

menu

mom-ma

直線縫いだけで簡単!手作りの踏み台カバー

踏み台カバー①

以前紹介した牛乳パックで作る踏み台の布カバーの作り方を、今回は紹介します。布カバーを付けることで汚れても洗濯がしやすく、牛乳パックのラベルが見えなくなるのでインテリアに馴染むようになります。直線縫いだけで出来るので、ぜひ作ってみてください♪

 
 

踏み台カバーの作り方

<材料>

・生地

・ゴム

・糸と針

 

踏み台カバー②

①生地を踏み台の大きさに合わせて裁断していきます。上部(1面):四方を+1.5cmの縫い代、横(4面):1.5cmの縫い代、下側のみ8cmの縫い代をつける

 

踏み台カバー③
踏み台カバー④

②横面の生地を中表にして縫い繋いでいきます。4面を縫い、輪にします。

 

踏み台カバー⑤

③上部の面を縫い合わせます。角は縫い代分生地が余るので、縫った後切ります。

 

踏み台カバー⑥
踏み台カバー⑦

④裏返したまま下側を三つ折りにして、1周ぐるりと縫います。この時、ゴム通しの穴を作るので2cmほど縫わないで開けておきます。

踏み台カバー⑧

⑤ゴムを通し、結びます。

⑥表に返し形を整え、踏み台に付ければ完成となります!

踏み台カバー⑨

裏面はこのようになっています。

マチ針よりも洗濯はさみを使うと安全に作ることが出来ます。踏み台以外にも生地の大きさを変えることで、様々な四角の物のカバーとして使えますよ♪

製作時間:約1時間

 
 

まとめ

・簡単に付けたり外したり出来る踏み台カバーの作り方。

・直線縫いだけで完成します。

・子どもの好きな柄で作ることで手洗いを楽しくします。


関連記事

コメントは利用できません。