親子ですくすく子育て応援サイト

menu

まんまーれ

  • まんまーれ親

夏バテ防止に!カリウムたっぷり、バナナを使った手作りおやつ紹介

  • 2022

夏は汗をかきやすいため、ミネラル不足に陥りがちです。暑い夏を、夏バテせず元気に乗り越えたいですね。そんなときにぴったりな食材が、カリウムを豊富に含むバナナなのです!

今回は、夏バテ防止にもおすすめ、バナナのおやつレシピ2品「バナナアイス」「バナナの天ぷら」紹介です。どちらも、とても簡単にできますよ。お子さんのおやつにいかがですか?

バナナアイス

バナナアイスの材料と作り方は、とてもシンプルです。洗い物も少なくすむので、とってもラクチンですよ!

【材料】

・バナナ 4本(大き目サイズだと3本。できれば完熟バナナを)

・牛乳 50㎖(豆乳やオーツミルク、甘酒でもOK。はちみつの量を調節してください)

・はちみつ 大さじ1

・チャック付きクリアパック

【作り方】

① 材料を全て袋に入れます。

② チャックをきっちり閉め、手でモミモミし、ムラがなくなるまでつぶします(ムラがあってもおいしいです)。お子さんといっしょにやると楽しいですね!

③ 冷凍庫で2~3時間冷やし、完成です!

アイスというより、ジェラートのような食感かなと思いました。お好みで、砕いたナッツを混ぜたり、食べる前にかけたりするのもおすすめです。お子さんのおやつには、できれば自然な甘みのものを食べてもらいたいですよね。そんなときは、この夏バテ防止にもなるバナナアイスをぜひどうぞ!

バナナの天ぷら

完熟バナナではなく、できればかたくて青いバナナを準備し、適当な厚さにカットします普段天ぷらを揚げる要領で、揚げるだけです!熱を加えることで、バナナがトロトロ、とっても甘くなりおいしいですよ!ついつい食べ過ぎてしまいます。粉糖や、大人用にはシナモンなどかけてみてもよいですね。

今回、大き目(トップ画像)にカットしたのと、3㎝くらいにスライスしたもので作りました。娘は大き目の方がおいしい、息子は小さめの方が好きと言ったので、色々試してみられてはいかがでしょうか。

このバナナの天ぷら、ご存知の方も多いかと思いますが、インドネシア料理の「ピサンゴレン」のことです。本場では、調理用バナナを使用するため、加熱してもトロトロ、甘々といった味にはなりにくいです。

私がバナナの天ぷら(ピサンゴレン)を初めて食べたのは、小学校に上がるくらいの頃です。当時お隣に住んでいた同級生のお母さんがインドネシア出身で、おうちに遊びにいった際、おやつに出してくれました。「バナナって、天ぷらにしてもおいしいな」と思いながら、食べたことを思い出します。当時の記憶が懐かしいのと、私自身加熱したバナナの風味が好きなので、ふと思い出したときに作っていますね。

まとめ

栄養満点だけでなく、夏バテ防止の食材としてもおすすめの、バナナを使ったおやつレシピ2品紹介でした。「バナナアイス」「バナナの天ぷら(ピサンゴレン)」どちらも手軽にできておすすめです。ぜひ、お子さんの夏バテ防止のおやつとして作ってみて下さいね!

コメントは利用できません。