親子ですくすく子育て応援サイト

menu

まんまーれ

  • まんまーれ親

おやつに、離乳食に、風邪ひきさんに!からだをあたためる、「はちみつりんごくず湯」の作り方

  • 2021

今回は、からだをあたためるといわれている「はちみつりんごくず湯」レシピの紹介です。

風邪をひいたときの栄養補給として、また普段からの飲み物としても、「はちみつりんごくず湯」はとてもおすすめですよ。

葛粉の効能や、離乳食や大人向けのアレンジについてもお伝えしますので、ぜひご覧くださいね!

葛粉の効能

葛の根から取り出したでんぷん質のことを、本葛と呼びます。

この本葛は、イソフラボンを含み、血行促進や体をあたためる効果、また整腸作用があるといわれています。

でんぷん質だったら、片栗粉とかでもいいのでは!?と思ってしまいますが、片栗粉には残念ながらそのような効能はありません。

また葛粉を選ぶ際は、裏面の成分表示を見ていただき、「葛100%」のものを必ず選ぶようにしましょう。

はちみつりんごくず湯の作り方

<材料 2人分>

・本葛 大さじ1(今回は、ランダムなかたまりになっている、固形タイプを使用しました)

・水 200㎖

・りんごのすりおろし 1/4個分

・はちみつ 大さじ1

<作り方>

① 鍋に材料を全て入れる。1.2分おいてからかき混ぜ、葛のダマを溶かすようにする。

② 木べらで混ぜながら、火にかける。焦がさないように注意しながら、混ぜ続ける。しばらくすると透明になり、とろみが出てきたら火からおろす。

③ コップに移す。できあがり!

スプーンでいただきます。出来上がりはとても熱いので、ヤケドしないようお気を付けください!

飲んでみた感想など

第一声として、「体がめちゃめちゃ温まる!」という実感でした。

体の中から、ぽかぽかと温まります。それも、かなりです!

寒い冬の、お子さんのおやつにもよいのではないでしょうか。

風邪をひいた際、お子さんの栄養補給としてもいいですね。

また、はちみつを入れずに作ると、離乳食にもいいなと思います(しっかり冷ましてくださいね)。

大人は、ショウガやシナモンを入れてみるなど、アレンジするのも楽しそうです。

葛粉は結構なお値段ですので、はじめは正直「これだけしか入っていないのに結構高いな」と思いました。

でも、実際に作って飲んでみると、「こんなに体が温まるのなら、次も買いたい!」に気持ちが変わりました。

作り方も簡単ですので、ぜひ「はちみつりんごくず湯」試してみてくださいね!

まとめ

・からだをあたためる、「はちみつりんごくず湯」の作り方紹介です

・本葛はイソフラボンを含んでいて、血行促進・体をあたためる効果・整腸作用があるといわれています。

・お子さんのおやつに、また、風邪をひいた際にもおすすめです!

葛(くず)・蕨(わらび)の 専門店廣八堂(ひろはちどう) オンラインショップ (kuzu-warabi.jp)

コメントは利用できません。