親子ですくすく子育て応援サイト

menu

まんまーれ

  • まんまーれ親

妊娠中に栄養ドリンクって飲んでもいいの?

妊娠中は体の変化を感じやすいですよね。お腹が大きくなり始めて「疲れたなー」と思った時や、「風邪かな?」と心配になった時には栄養ドリンクを飲みたくなりますよね。

ただ、栄養ドリンクには様々な成分が含有されており、妊娠中に飲んで赤ちゃんに影響ないかな…?と不安になりますよね。

そこで今回は、妊娠中の方でも飲める栄養ドリンクについて紹介します。

いろいろなメーカーから、とても多くの栄養ドリンクが販売されてます。自分に合う栄養ドリンクを見つけたいですね。

栄養ドリンクの分類を知る

栄養ドリンクは一般用医薬品と医薬部外品に分類されています。含まれる成分によって分けられます。また、エナジードリンクは清涼飲料水に分類される栄養ドリンクになります。

【一般用医薬品】

効果効能や副作用などのデータに基づいて国が承認しています。薬局やドラッグストアで、薬剤師や登録販売者から情報提供を受けてから購入となります。栄養ドリンクは用法・用量が定められてます。一気に効果を望んで一度に何本も飲むのは、逆に副作用が起こる可能性がありますので、用法・用量を守った上で飲みましょう。

【医薬部外品】

コンビニエンスストアやスーパーなどで手軽に購入できますが、こちらも一般用医薬品と同様たくさん飲むことで副作用が起こる可能性がありますので注意しましょう。

【エナジードリンク】

あくまで清涼飲料水ですので、医薬品のように効果効能の表示ができないものです。アルコール1%未満であれば酒類には該当しないため、微量のアルコールを含んでいる商品も販売されてます。炭酸や甘さなどを加えて飲みやすくしてありますが、コーヒーのようにカフェインが含まれていて、飲みすぎには注意しましょう。

栄養ドリンクを選ぶ時には

【商品を手に取って記載されてる内容を確認しましょう!】

「産前産後の栄養補給に」だったり、「妊娠・授乳期の栄養補給に」と記載されていれば大丈夫です。ただ、記載がなかったとしても、妊娠中でも飲める栄養ドリンクもありますので、念の為かかりつけの産婦人科医の先生に確認するのが望ましいでしょう。

【ノンカフェインにしましょう!】

カフェインは妊婦さんにとってよくありません。しかし、栄養ドリンクにはカフェインを多く含んでいるもの多々販売されています。

必ずダメというわけではないですが、コーヒーやお茶などを日頃飲む際にもノンカフェインのものを選びましょう。友達の妊婦さんにもプレゼントする際は意識してあげると嬉しいと思います。

【カロリーも意識しましょう!】

栄養ドリンクの目的は栄養補給です。そのため、高カロリーなものが多いのです。産婦人科医の先生から体重管理のことは厳しく言われることもありますが、特に妊娠中期、後期で体重を気にされる方は、低カロリーなものやノンシュガー(もしくはシュガーレス)のものを選びましょう。

【アレルギーやアルコールにはご注意を!】

様々な食物エキスが入っている栄養ドリンク。アレルギー体質の方は飲む前に必ず確認しましょう。

また、微量ですがアルコールが含まれていることがありますので、赤ちゃんに悪影響を及ぼすほどではありませんが、アルコールに弱い方は控えましょう。

まとめ

疲れた時に頼りたくなる栄養ドリンクですが、様々な効能があり、商品ごとに特徴があります。

妊娠中でも飲みたくなる時はありますが、通常よりも慎重にご自身の体調に合わせて栄養ドリンクを選んでいきましょう。心配なら迷わずにかかりつけの先生に相談しましょう。

用法・用量を守って、より良い効果を発揮し、人生で貴重な妊娠期を過ごしていきましょう!

コメントは利用できません。