親子ですくすく子育て応援サイト

menu

まんまーれ

  • まんまーれ親

赤ちゃんをうまく寝かしつけるコツは?

赤ちゃんが自然に寝て、朝まで熟睡してくれれば嬉しいのですが、なかなかうまくいかないと困っているママは多いのではないでしょうか。なかには、赤ちゃんがなかなか寝てくれなくて、それに付き合って起きていることに疲れを感じているママもいらっしゃるでしょう。では、赤ちゃんをうまく寝かしつけるコツは、どのようなものなのでしょうか。

 
 

部屋の明かりを暗くする

画像1

寝室の照明が明るくては、赤ちゃんはなかなか寝付けません。これは大人も一緒ですよね。暗めの照明にする、間接照明をしようするなどして、眠りに入りやすい暗さに整えてあげましょう。毎日同じ状況を作ると、その状況と寝るということが赤ちゃんの中で結びついて、眠りに入りやすくなるのです。これを入眠儀式ともいいます。

 
 

生活リズムを整える

画像2

毎日同じくらいの時間に寝て、同じくらいの時間に起きる。このように生活リズムを整えることが、夜の睡眠に大きな影響を与えます。最初、生活リズムが整うまでに時間がかかる赤ちゃんもいますが、一旦整えば、少しの時間差はあれど、同じような時間帯に寝起きしてくれるようになりますよ。

 
 

お昼寝の時間をうまく調整する

画像3

新生児から生後6ヶ月頃の赤ちゃんは30分間ほどのお昼寝を1日に数回するといわれています。そして、8ヶ月以降になると1日に1時間ほどのお昼寝を2回。1歳を過ぎると、1時間半ほどのお昼寝を1日に1回させるようにすることが理想だとされています。夜の寝つきが悪いなと感じたら、赤ちゃんのお昼寝の時間を短くして調整してみましょう。

 
 

まとめ

・部屋の明かりを暗くする

・生活リズムを整える

・お昼寝の時間をうまく調整する

赤ちゃんが夜スムーズに眠りにつけるようにするためには、寝室の環境を整えることが重要です。同時に、生活リズムを整え、お昼寝の時間の調整もしていくといいでしょう。パパとママがゆっくり眠れるようになるためにも、これらのコツをぜひ実践してみてください。

コメントは利用できません。