親子ですくすく子育て応援サイト

menu

mom-ma

紛失防止に役立つキャリーバンドを手作り!子どもの衣類や靴をまとめて持つ

キャリーバンド①

子どもと一緒に外出をすると、荷物が増えます。ジャンバーを脱いだり、帽子を脱いだり。歩き始めた子どもなら靴を脱ぐことも多いです。私は何度も子どもの衣類をどこかへ落とし、帽子は2個紛失させました。そんな時に便利なのが、荷物をまとめて持つことができる「キャリーバンド」。今回はゴムバンドと洗濯ばさみを一体化させたキャリーバンドの作り方を紹介します♪

 
 

キャリーバンドの作り方

<材料>

・布

・平ゴム

・洗濯はさみ

・アクリルテープ

・バックル

<道具>

・針と糸

・はさみ

 

1)まずはバックル部分を作ります。アクリルテープを35cmの長さに切る。

キャリーバンド②

→アクリルテープとバックルは、セリアで購入できる「スーツケースベルト」を分解し、使用しました。

キャリーバンド③
 

2)はめる部品と差し込む部品に分け、アクリルテープを縫う。

→折り返しの長さは7cm。四角とバッテン縫いでミシンステッチをかけます。

キャリーバンド④
 

3)カッチンとはめることができたら完成です!

 

4)次にキャリーバンド部分を作っていきます。生地を12cm×60cmに裁断する。

 

5)中表にし、両端を5cmづつ開けて直線縫いをする。

キャリーバンド⑤
 

6)表にひっくり返す。

 

7)ゴムの通り道を作るために、真ん中を縫う。

→この時も両端は5cmづつ縫いません。

キャリーバンド⑥
 

8)洗濯ばさみ部分を作るため、生地を5×8cmに裁断する。

 

9)中表にして直線縫いをする。

キャリーバンド⑦
 

10)表にひっくり返し、アイロンで形を整えたら半分に折り、その真ん中に洗濯ばさみを挟む。

キャリーバンド⑧
 

11)バンド部分を輪にするため、両端を中表にて半分縫う。

→さらにもう半分の端を1cm縫っておくと、ズレにくいです。

キャリーバンド⑨
 

12)縫わなかった半分に洗濯ばさみ部分のタグを挟み、縫う。

キャリーバンド⑩
 

13)表に返し、形を整える。

キャリーバンド⑪
 

13)平ゴムを32cmで2本切り、通して結ぶ。

キャリーバンド⑫
 

14)返し口を手縫いかミシンで縫います。

キャリーバンド⑬
キャリーバンド⑭
 

15)バックル部分とバンド部分を縫い合わせると完成です!

キャリーバンド⑮
 

キャリーバンド⑯

キャリーバンドには、子どもが脱いだジャンバーを束ねるのに便利です。洗濯ばさみには子どもの靴や帽子を挟めると便利!バックルが付いているので、カバンやベビーカー、飲食店で椅子などに取り付けることで荷物がスッキリとまとまります。

キャリーバンド⑰

 
 

まとめ

・キャリーバンドの作り方。

・バックル、ゴムバンド、洗濯ばさみを一体化。

・荷物をまとめて衣類の紛失防止に役立つ。


関連記事

コメントは利用できません。