親子ですくすく子育て応援サイト

menu

mom-ma

サランラップの芯とペットボトルの蓋で、体幹を鍛える手作りおもちゃ!

体幹おもちゃ①

生活のしている中で出てくるサランラップの芯とペットボトルの蓋。どちらも子どもが乗っても壊れないほど丈夫なので、これらを利用し、今回は体幹を鍛える手作りおもちゃの作り方を紹介します!

 
 

体幹を鍛えるおもちゃの作り方

体幹おもちゃ②

<材料>

・サランラップの芯 22cm×3本

・ペットボトルの蓋 16個

・段ボール 40cm×77cm

・布

<道具>

・透明テープ

・グルーガン

 

①サランラップの芯を3本、透明テープでつなぎ合わせる。

体幹おもちゃ③
 

②繋げたサランラップの芯を、段ボールの真ん中に貼りつける。

→グルーガンで倒れにくいよう土台を作り、そこにサランラップの芯を透明テープで固定します。透明テープの貼り方は画像を参照ください。

体幹おもちゃ④
体幹おもちゃ⑤

 

③空いたスペースにグルーガンで、ペットボトルの蓋をくっ付ける。

→くっ付けた後、さらに周りをぐるりとグルーガンで固定すると、子どもが引っ張ても取れにくくなります。

体幹おもちゃ⑥
体幹おもちゃ⑦

 

④段ボールの周りを装飾すると完成です!

→今回は家にあった布を貼っています。

体幹おもちゃ⑧

子育て支援センターの体育館にあったバランス遊具を参考に作りました!体幹を鍛えるためには平坦な道だけではなく、でこぼこ道を歩くことが大事だと言われています。サランラップの芯の上では、横向きに歩いたり、まっすぐ歩いたり…3歳の娘はバランスをとって歩いていました。家の中で、体幹が鍛えられる手作りおもちゃとなっていますので、ぜひ作ってみてください♪

 
 

まとめ

・体幹を鍛える手作りおもちゃ。

・バランス感覚も養える。

・製作時間は30分ほど。


関連記事

コメントは利用できません。