親子ですくすく子育て応援サイト

menu

mom-ma

子ども用立体マスクを手作り!型紙の作り方から縫い方まで

立体マスク①

風邪や感染症が流行る冬の時期になると、子どもも大人もマスクが必要になってきます。使い捨てマスクも使いやすいですが、今回は洗濯ができる子ども用立体マスクの作り方をご紹介します。好きな生地で作ることができますので、マスクが嫌いな子どももきっと喜んで付けてくれるでしょう!

 
 

立体マスクの作り方

<材料>

・表布:綿100%の生地

・裏布:ガーゼの生地

・マスクのゴム

<道具>

・針と糸

・紐通し

 

①マスクの型紙を作ります。

→市販のマスクの大きさや形を参考に。無ければ、画像のサイズを確認し、だいたい台形の形にする。

立体マスク②

 

②生地を切り、計4枚、同じ大きさで裁断する。

→左右対称になるように。柄がある生地の場合、逆さにならないように注意する。

立体マスク③
 

③それぞれの布を中表にし、長い方の端を縫い合わせる。

立体マスク④

 

④開いて中表に合わせる。返し口を3cmほど残して1周ぐるりと縫う。

→開いた時に縫いしろを割り、アイロンをすることでキレイに仕上がります。

立体マスク⑤
 

⑤返し口から布を引っ張り、表に返す。

 

⑥押さえのステッチを1周ぐるりと縫う。

立体マスク⑥

 

⑦裏面にし、両端を1cm折り返し、ゴム通し穴を作る。

立体マスク⑦

 

⑧紐通しを使いマスク用のゴムを通し、子どもの大きさに合わせて結ぶ。

立体マスク⑧

 

⑨結び目を穴の中に移動させれば完成です!

立体マスク⑨

 

表生地は綿100%の生地を使うことで、しっかりとした形になります。裏生地は口に当たる面なので、できるだけ柔らかい素材のものを使います。ぜひ、作ってみてください♪

 
 

まとめ

・子ども用立体マスクの作り方。

・製作時間は45分ほど。

・風邪や感染症が流行る冬の時期に大活躍。


関連記事

コメントは利用できません。