親子ですくすく子育て応援サイト

menu

mom-ma

女の子が喜ぶ♡段ボールで手作りドレッサー!

ドレッサー①

3歳くらいから女の子は女子力が高くなります。自分で髪の毛を結ぼうとしたり、ママの真似してお化粧したり。そんな時に子ども用のドレッサーがあると、喜んでくれるでしょう!今回は段ボールで作るドレッサーの作り方を紹介します。

 
 

ドレッサーの作り方

<材料>

・段ボール

・ティッシュ箱 1個

・牛乳パック 1個

・フェルト

<道具>

・はさみ

・カッター

・グルーガン

・両面テープ

 

1)段ボールをそれぞれ切ります。①34cm×22.5cm、②22.5cm×11.5cm、③22.5cm×2.5cmが3個です。

→①の段ボールは折り目を利用します。ちょうど真ん中にくるように。

ドレッサー②

 

2)③の段ボールを3つ重ねてくっ付けます。

 

3)②の段ボールを底とし、①の段ボールを二つ折りにし、くっ付けます。

 

4)工程2で作った③の段ボールを②の段ボールにくっ付けます。

→①と③の段ボールの間に鏡を置くため、その分の隙間を開けておく。

ドレッサー③
ドレッサー④
 

5)ティッシュ箱をカッターでくり抜きます。

ドレッサー⑤
 

6)牛乳パックを半分にし、3cmの高さになるようにさらに切る。

ドレッサー⑥
 

7)牛乳パックを重ねて箱になるようにする。

→ティッシュ箱に入れた際、奥行きが足りずに奥に入ってしまうので、段ボールでストッパーを付けると使いやすくなります。

ドレッサー⑦
 

8)鏡を置くパーツと収納箱のパーツをくっ付けます。

 

9)全体をフェルトで覆い、両面テープやグルーガンを使って接着します。

ドレッサー⑧
 

10)引き出し部分に穴を開け、紐で取っ手を付ければドレッサーの完成となります!

ドレッサー⑨
ドレッサー⑩
 

引き出しにはヘアゴムが入ります。子どもが自分でヘアゴムを選び、結ぶことができるでしょう!市販の鏡をそのまま置くことができるので、どんなサイズの鏡でも使うことができます。ぜひ、お試しください!

 
 

まとめ

・段ボールと空き箱で作るドレッサー。

・製作時間は1時間ほど。

・市販の鏡をそのまま置くことができる。


関連記事

コメントは利用できません。