親子ですくすく子育て応援サイト

menu

mom-ma

天気の良い日に洗濯遊び!様々な動作が経験できます

洗濯遊び①

皆さんのお子さんは「しぼる」という動作を行ったことがありますでしょうか?現代では家電の普及によって生活の中での経験が減ってきています。洗濯には様々な動作が含まれ、こする・しぼる・叩いて伸ばす・干す・畳むなど。お手伝いの中で経験させるのはいかがでしょうか?

 
 

洗濯で学べること

洗濯遊び②

「しぼる」という動作は子どもには難しく、運動能力の発達が必要となります。正しいやり方を教えても上手くできずに、周りをビチャビチャにしてしまう事もありますが、まずはチャレンジ!小学校に入学すると雑巾がけ等の掃除もするので、幼児期に身に付けておきたい動作ですね。汚れている部分を見つけて洗ったり、泡が無くなるまで水を入れ替えてキレイにしたりと頭を使うこともあります。干して洗濯は完了するので、達成感も味わいやすいです。

 
 

我が家の洗濯遊びの方法

洗濯遊び③

バケツに水を入れて、ハンカチや子どもの衣類を洗ってもらいます。洗剤は衣類用洗剤。ビチャビチャになることは確実なので、いつも天気の良い日に外でしています!しぼることはまだまだ苦手。衣類を細く畳み、横向きでしぼることが多いです。手首を痛めないためにも縦向きでしぼること教えています。

洗濯遊び④

干す場所は家の壁と郵便受けの柱に設置した、突っ張り棒の物干しスペース。子どもの身長に合わせることができるので、突っ張り棒が便利です!引っ張って衣類を伸ばす。真ん中を見極めて真剣な眼差しです。衣類もキレイになり、子どもに多くの経験が積ませることができます。遊びながら生活していくのに必要なスキルを身に付けられる家事のお手伝い。ぜひ、外での洗濯遊び、お試しください!

 
 

まとめ

・外での洗濯遊び。

・洗濯で学べることがある。

・お手伝いの機会を増やしてみましょう。


関連記事

コメントは利用できません。