親子ですくすく子育て応援サイト

menu

まんまーれ

  • まんまーれ親

雨の日を楽しもう!「雨」をテーマにした絵本3選

みなさん、雨の日はどのように過ごされていますか?

この記事では、雨の日をテーマにした絵本のおすすめ3冊をご紹介します。

雨の日をおうちで楽しんだり、また「雨の日さんぽ」を楽しんだりもいいですね!

ぞうくんのあめふりさんぽ

なかのひろたかさん作「ぞうくんのさんぽ」の、36年振りの続編になります。

ぞうくんがあめふりの中、さんぽに出かけます。

かばくんをさそって、一緒に池の中へと進みますが、だんだんお池は深くなってきてしまいます。

「ぞうくんのさんぽ」と同じ展開かと思いきや…!

ぞうくん、かばくん、わにくん、かめくんのイラストがシンプルなのに味わいがあり、とてもこころ温まります。

はじめから終わりまで、「やさしさ」があふれている絵本です。

ぞうくんの あめふりさんぽ (こどものとも絵本) | なかの ひろたか, なかの ひろたか |本 | 通販 | Amazon

はっぱのおうち

「はじめてのおつかい」「とんことり」でおなじみの、林明子さんの作品です。

雨の日にさちが「木の葉っぱのおうち」で雨宿りしています。

するとそこへ、カマキリやチョウ、コガネムシたちも雨宿りしにやってきました。

小さないきものたちと、さちとの交流が、林明子さんならではの温かみのあるタッチで描かれています。

雨降りの中、思わず葉っぱの下をのぞいてしまいたくなる…そんな絵本ですね。

はっぱのおうち (幼児絵本シリーズ) | 征矢 清, 林 明子 |本 | 通販 | Amazon

おじさんのかさ

お気に入りのかさが「お気に入り」すぎて、雨の日にも傘をささないおじさんのお話です。

ところが、ひょんなことがきっかけで、傘をさして歩きだします。

それは、ある時聞こえて来た「ポンポロロン、ぴっちゃんちゃん」という子どもの歌でした。

ひとは、何かがきっかけで変わっていきます。そのきっかけは「ひと」であったり「できごと」であったり、色々あるでしょう。

化学反応のように、変わることもあります。

おじさんの心が「ぱあっ」と変わる瞬間、ぜひ感じていただきたいなと思います。

おじさんのかさ (講談社の創作絵本) | 佐野 洋子 |本 | 通販 | Amazon

まとめ

・雨の日が楽しくなる絵本3選です

・「ぞうくんのあめふりさんぽ」「はっぱのおうち」「おじさんのかさ」どれもおススメです!

・雨の日さんぽに、ぜひ出かけてみましょう♪

コメントは利用できません。