親子ですくすく子育て応援サイト

menu

まんまーれ

  • まんまーれ親

おうち時間!子どもとどう過ごす?講談社の雑誌や、auじぶん銀行の動画も大活躍!

緊急事態宣言の関係で、おうちで過ごす時間もまた増えてきていますね。

そして「おうち時間」をいかに工夫して過ごすか?が今のママたちの課題になっていますね。

私自身が「これはありがたい!」と思えたサイトなどいくつかご紹介します。

「講談社」や「auじぶん銀行」「ノハナ」は「おうち時間」という点で参考になりますよ!

おうちのお庭遊びなどでも参考になる「PARKFUL」、これから販売予定のプログラミングを学べるロボット「Root」の情報も盛り込みました。

「講談社 こども倶楽部」のサイトを毎月チェック!

乳幼児から楽しめる雑誌などを毎月発行している講談社。

講談社のサイト上に「講談社 こども倶楽部」というページがあります。

本格的な付録などがついているので、気になるものがあれば購入して、親子で工作などを楽しんでいます。

もちろん、雑誌の読み物的なページや、知育的な要素を含んだページもしっかりと取り組ませてはいます。

ちなみに5歳になったばかりの娘はこのページをみていて、「Aneひめ Vol.9」の付録である「マニキュア・ネイルシール・ネイルチップ」がセットされている「すみっコぐらし おしゃれ❤ マニキュアセット」が気になり、実際に「Aneひめ Vol.9」を購入して楽しんでいます。

【講談社 こども倶楽部 HP】

http://kodomo.kodansha.co.jp/

お子さんに金融教育をする際にオススメしたいコンテンツの一つがこちら!

「auじぶん銀行劇場 金融昔ばなし」。

SDGsへの取り組みの一環としてauじぶん銀行がはじめた取り組みです。

2020年10月4日の「投資の日」にオープンしたもののようですが、徐々におはなしの数も増やしています。

実際に我が家の子どもたちにも見せていますが、気軽に楽しみながらみつつも金融教育になっているなと親目線でも感じています。

ちなみに「赤ずきん」などの童話をアレンジしておはなしを構成している為、子どもたち的にも、その世界に入っていきやすいようです。

【auじぶん銀行 HP】

https://www.jibunbank.co.jp/corporate/news/2020/1126_01.html

テンプレ無料配布がありがたい!手形足型アートでおうち時間を楽しめます。

子どもの写真を毎月二回、フォトブックにしていますが、ノハナのフォトブックサービスを利用しています。

その関係で、ノハナのHPを時々見ています。

「【テンプレ無料配布】手形足型アートでおうち時間を子どもと楽しもう!」というページを見た時、

「子どもが乳幼児のタイミングでコロナが起こってしまっていたらこれはかなりありがたかったな!」と思えた為、ご紹介します。

「手形足型アート」を楽しく作って、かわいく仕上げるためのテンプレートを無料でダウンロードすることができます。

よく考えだしたな!と思えるデザインのものもありますので、ぜひご覧ください。

【ノハナ HP】

https://and.nohana.jp/2020/05/handprint-footprint.html?utm_source=magazine0116&utm_medium=email&utm_campaign=handprint-footprint

PARKFUL「STAY HOME&keep SOCIAL DISTANCE〜はなれてあそぼう〜」

元々おでかけ好きな家族である為、「PARKFUL」のサイトをまめみていました。

コロナの関係で、なかなか出歩きづらくなっていて困ったな・・・と思っていた時にこのページ「STAY HOME&keep SOCIAL DISTANCE〜はなれてあそぼう〜」をみて、とても参考になりました。

はなれていてもできる遊び、いろいろと考えだせるのだな!ということをあらためて感じました。

【PARKFUL HP】

https://parkful.net/keep_social_distance/

気になる!プログラミングを学べるロボット「Root」

2月19日販売される予定とのことで気になっているのがプログラミングを学べるロボット「Root」です。

アイロボットジャパンが発売するとのことです。

プログラミング教育もはじまっている為、以前プログラミング教室の体験講座なども親子で受けにいきましたが、こういった身近なものでプログラミングを楽しめるのはよいですね。

価格は29800円とのことですが、組み込み系のプログラミングですと、子どもも実際の動きを目でみて楽しめる為、購入する価値はあるかな?と考えています。

まとめ

緊急事態宣言の関係で「おうち時間」が増え、悩んでいるママたちの参考になればと思い5点ほどご紹介しました。

「講談社 こども倶楽部」のサイトをチェックして毎月雑誌を購入することが子どもたちにとっての楽しみになっています。

「auじぶん銀行劇場 金融昔ばなし」」は金融教育の一環としてぜひ利用してみてくださいね。

「ノハナ」手形足型アートのテンプレはぜひ乳幼児のママ、使ってみてくださいね。

「PARKFUL」のページの遊びはおうちのお庭遊びの時間やすいている公園の時間帯に遊びに行った際などに、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

これから販売予定の「Root」も楽しみですね。

※サービス内容は変更となる可能性もあります。

最新の情報はHPでご確認ください。

コメントは利用できません。