親子ですくすく子育て応援サイト

menu

まんまーれ

  • サイトバナー5

乳児湿疹ってなに?

  • 2020

乳児湿疹は、乳幼児に起こりやすい症状です。顔や頭、首などの皮脂が多い部分に現れやすいといわれています。ここでは、アトピー性皮膚炎との違いもご紹介しながら、乳児湿疹について解説します。

乳児湿疹とは、どのようなもの?

乳児湿疹とは、生後2週間~2ヶ月の頃に現れる心身のことです。湿疹は顔や頭、首に出やすく、湿疹は赤くポツポツしたものや、黄色いかさぶたのようなもの、膿がでるようなものなどがあります。この乳児湿疹の原因には諸説あり、胎盤を通して赤ちゃんに渡った女性ホルモンが皮脂の分泌を促すためだと考えられています。赤ちゃんは毛穴が小さいので、皮脂が詰まりやすく、炎症を起こして湿疹が悪化しやすいのです。

乳児湿疹とアトピー性皮膚炎の違いは?

実は、乳児湿疹とアトピー性皮膚炎は症状がとてもよく似ていて、区別がつきにくいとされています。アトピー性皮膚炎は、乳児湿疹と同じようにさまざまな症状を引き起こしますが、皮膚のバリアが低下し、皮膚に慢性的な炎症が出て、かゆみを引き起こしやすいです。また、アトピー性皮膚炎の方が症状が強く、全身に発症することも特徴といえます。

乳児湿疹は予防することができる

乳児湿疹は予防が可能です。まずは、湿疹ができやすいところを清潔に保つようにしましょう。特に皮脂が溜まりやすいところはしっかいと洗い、皮膚のしわをのばして、よく洗って清潔に保つようにしましょう。また、こまめな保湿ケアを心がけることも需要です。

今日の育児まとめ

・乳児湿疹とは、どのようなもの?

・乳児湿疹とアトピー性皮膚炎の違いは?

・乳児湿疹は予防することができる

乳児湿疹とは、赤ちゃんに起こりやすい肌トラブルです。原因は諸説ありますが、とにかくきれいに洗い、清潔さを心がけることが重要とされています。赤ちゃんの肌はとてもデリケートなので、優しくお手入れをして、乳児湿疹から赤ちゃんを守ってあげましょう。


コメントは利用できません。