親子ですくすく子育て応援サイト

menu

mom-ma

ハギレで作るアップリケ!穴の開いてしまった服の修復方法

アップリケ①

子どもはよく動くので、服は汚れやすく破けやすいです。また幼稚園や保育園に入園すると名札もつけるので、穴が開く原因にもなります。今回は小さな布で作るアップリケを紹介。針と糸があれば、穴が開いてしまったお気に入りの服に、もっと愛着が持てるようになるでしょう!

 
 

布のアップリケ

<材料>

・穴の開いた服

・穴が塞がる大きさの布

<道具>

・針と糸

・はさみ

・手芸用ボンド

 

1)穴が塞がる大きさの布を探し、、+1cm大きく布を切る。

アップリケ②
 

2)裏側へ+1cm折り、ぐし縫いで端の処理をする。

→縫い終わった後、アイロンをかけて形を整えると仕上がりがキレイです。

アップリケ③
 

3)布用ボンドで縫い付ける位置に貼りつける。

→縫っている時のズレ防止です。

 

4)たてまつり縫いかブランケットステッチで縫い付ける。

→たてまつり縫い

アップリケ④

→ブランケットステッチ

たてまつり縫いよりもしっかりと縫い合わさり、仕上がりがキレイです。

アップリケ⑤

5)しつけ糸を切ると完成です!

 

子どもの好きなキャラクターや色の布を使うことで、さらにその服が気にいることでしょう。市販のアップリケを購入することなく、自宅にあるハギレで穴の開いた服を修復することができるので、節約術してもおすすめです!

 
 

まとめ

・穴の開いた服を修復する方法。

・ハギレでできる布のアップリケ。

・子どもの好きなキャラクターや色で、さらに服に愛着が持てる。


関連記事

コメントは利用できません。