親子ですくすく子育て応援サイト

menu

mom-ma

赤ちゃんが便秘気味の時にできることは?

アイキャッチ画像

赤ちゃんは日頃の体調を自分で話すことができないので、お母さんやお父さんが赤ちゃんの様子をしっかり見て判断してあげるしかありません。そんな時、何日も便秘が続いていたら、どうすればいいのか対処に困ってしまいますよね。そこで、赤ちゃんが便秘気味の時にできることをご紹介します。

 
 

水分をこまめに与えてあげる

画像1

水分は夏だけではなく、冬も積極的に与えてあげましょう。空気が乾燥しているので、水分不足になっている可能性があるからです。湯冷ましやお茶を与えても充分に飲んでもらえない場合は、離乳食に汁ものを取り入れるのもおすすめです。

 
 

便秘を改善させる食材を離乳食に取り入れる

画像2

ヨーグルトやバナナ、りんご、さつまいもとなどの乳製品や食物繊維が豊富な食材を離乳食に取り入れましょう。積極的に食事やおやつで食べるだけで、便秘が改善されるかもしれません。

 
 

おなかのマッサージをしてあげる

画像3

赤ちゃんのおなかを優しくマッサージしてあげることも効果的です。おなかに手のひらを当て、右周りに「の」の字を描いてあげましょう。腸の働きが活発になります。

 
 

まとめ

離乳食が始まると便秘になってしまう赤ちゃんが多くなります。水分、乳製品、食物繊維を積極的に与えてあげるように心がけましょう。また、おなかのマッサージも効果的です。コミュニケーションにもなりますので、話しかけてあげながらマッサージしてあげるといいですね。けれど、あまりにも便秘の症状が気になる場合は、1度病院を受診した方がいいでしょう。


関連記事

コメントは利用できません。