親子ですくすく子育て応援サイト

menu

mom-ma

牛乳パックで作る!即興お話サイコロ

即興お話①

牛乳パックで作る!即興お話サイコロ

シンプルなイラストで、子どもの創造力が膨らみそうな「即興お話サイコロ」。主な材料は牛乳と折り紙です。いつも読んでいる絵本に飽きてしまった時、子どもの身近にある人や物でお話を作ってみるのはいかがでしょうか。

 
 

即興お話サイコロの作り方

<材料>

・牛乳パック 8個

・折り紙

<道具>

・はさみ

・セロハンテープ

・油性マジック

 

1)牛乳パックを正方形になるように切る。

→底の長さと高さが同じです。

即興お話②
 

2)穴が開いている面同士で重ねて、サイコロ状にする。

即興お話③
 

3)折り紙半分を2枚、1/4を2枚になるように切る。

即興お話④
 

4)セロハンテープを使い、牛乳パックに貼る。

即興お話⑤
 

5)1~4の工程で牛乳パックサイコロを4個作る。

 

6)イラストを描くと完成です!

即興お話⑥

→人物・人物・場所や物・表情の4個を描きます。

人物1:女の子、男の子、オニ、亀、おばけ、ねこ

人物2:お母さん、お父さん、先生、お姫様、赤ちゃん、泥棒

場所や物:公園、空、家、おにぎり、服、車

表情:笑う、泣く、怒る、眠たい、困った、ラブラブ

即興お話⑦

サイコロを転がし、出た面の絵で、即興のお話を作っていきます。

例えば、「女の子」「お姫様」「公園」「ラブラブ」が出た場合、「女の子がお姫様と公園で遊びました。二人は一緒にブランコに乗り、とても仲良しになりました。」などのお話しができるでしょう。子どもの名前や、身近な人や物をイラストで描くことで、オリジナリティのあるお話しが完成します。ぜひ、作ってみてください!

 
 

まとめ

・牛乳パックで作る「即興お話サイコロ」

・サイコロを転がし、お話を作っていく手作りおもちゃ。

・オリジナルのお話が完成する。


関連記事

コメントは利用できません。