親子ですくすく子育て応援サイト

menu

mom-ma

大容量!キルト生地で作るマジックテープ式のお弁当袋の作り方

お弁当袋①

幼稚園や保育園では、お弁当が必要な日もあります。巾着型のお弁当袋もいいですが、マジックテープ式で大きく開くお弁当袋だと、年少児にも扱いやすくなります。今回はキルト生地で作るマジックテープ式のお弁当袋の作り方をご紹介します♪

 
 

お弁当袋の作り方

<材料>

・布

・マジックテープ

<道具>

・針と糸

・はさみ

 

1)キルトの布を①13×51cm、②17×17cm、③17×27cmの3枚に裁断する。(縫い代込)

→③の生地は上部10cmが蓋となるので、丸みをつけて裁断すると仕上がりが可愛くなります。

お弁当袋②
 

2)端がほつれない様に、全てかがり縫い(ジグザグ縫い)にて処理をする。

お弁当袋③
 

3)生地を中表にし、17cmづつあけ、①の真ん中両側にそれぞれ②③を縫い付ける。

→画像の赤い線

お弁当袋④
 

4)袋状となるよう、①の両側を②③の生地と縫い付ける。取り出し口と蓋になる部分は1cm縫わないでおく。

→画像の青い線

お弁当袋⑤
お弁当袋⑥
 

5)取り出し口を1cm折り返し、縫う。

お弁当袋⑦
 

6)蓋を1cm折り返し、縫う。

→カーブ部分はしつけ縫いをすると、きれいに出来上がります。

お弁当袋⑧
 

7)取り出し口を畳みやすくするよう、4か所に上部から7cmステッチをかける。

お弁当袋⑨
お弁当袋⑩
 

8)マジックテープを本体と蓋に縫い付けると完成です!

お弁当袋⑪
 

お弁当袋⑫

マジックテープなので開けやすく、大きく口が開くのでお弁当が取り出しやすいです。お弁当箱の他にも箸セットやおしぼりが入るほど、大容量。裏地が無く、マチを作る手間も無いので、ミシン初心者のママにもおすすめです。子どもが入園するタイミングで、ぜひ作ってみてください♪

 
 

まとめ

・マジックテープ式お弁当袋の作り方。

・開けやすく取り出しやすい。

・大容量なので、お弁当箱の他に箸セットやおしぼりが入れられる。


関連記事

コメントは利用できません。