親子ですくすく子育て応援サイト

menu

mom-ma

あせもと湿疹の違いは?

アイキャッチ画像 子ども

夏になり汗をよくかく季節となると、赤ちゃんや子どもはあせもに悩まされますね。代謝がよく、汗っかきなこどもにはつきものですが、よく見てみると湿疹であることもあります。違いを知り、適切な処置ができるようにしましょう。

 
 

あせもの特徴

あせもはよく汗をかく首や背中、手足の関節部を中心にできます。おむつをしている赤ちゃんはおしりにもできることがありますよね。赤い湿疹で、かゆみを伴い子どもが我慢できずに引っ搔いて傷になることもあるので早めに治るような処置をしてあげましょう。

 
 

あせもと湿疹の違いは?

あせもも湿疹も、ぶつぶつと赤く時には水膨れのようになる症状はとても似ているのですが、広がり方や湿疹の特徴で違いに注意しましょう。汗をかきやすい場所に広がっているものはあせもの可能性が高いですよね。湿疹は、発熱がないかなど体調とともに観察が必要です。あせもは角質層に汗が詰まることが原因ですので、丘疹となることを覚えてきましょう。

 
 

あせもができたらとにかく清潔に

おむつ

あせももひどくなると皮膚科の受診が必要です。そうなる前に、汗をかいた部分が赤くなってきたなと感じたら、清潔な濡れタオルなどで拭き取ってあげる、着替えをこまめにさせるなど皮膚を清潔に保てるよう気を付けてあげましょう。一番効果があるのはとにかくシャワーを浴びることです。お外遊びやお昼寝後の着替えついでに、さっとシャワーを浴びさせるだけで汗も知らずの肌を保てますよ。

 
 

まとめ

 

あせもで赤くなっていても、何もしなくても数日で治ります。しかし、さらに大量の汗をかくことで症状が広がったり悪化したりすることもありますので気をつけましょう。夏場に汗をかかないようにすることは難しいので、衣服やお風呂などで皮膚を清潔に保つことを意識して、夏のあせもを乗り切りましょう。


関連記事

コメントは利用できません。