親子ですくすく子育て応援サイト

menu

mom-ma

寝不足ママ必見!短時間でも質のいい眠り

アイキャッチ画像 枕

赤ちゃんが小さい頃は間隔が短い授乳や夜泣きのために、ママは中々ゆっくり眠ることができずに疲れがたまってしまいますよね。そんな寝不足ママ必見!短時間の睡眠でも少しでも質のいい眠りにして疲労回復を狙いましょう。

 
 

質のいい睡眠は深い睡眠がポイント

「たくさん寝たのに頭がスッキリしない」ということもあれば、「短時間の睡眠でも疲れが取れた」と感じることもありますよね。体が休まる睡眠は、脳や神経がリッラックスしている深い眠りです。人は眠ると浅い眠りからはじまり、深い眠りと繰り返しますが、4時間半眠ることができれば深い眠りをしっかり取ることができます。しかし、夜中の授乳や夜泣きに備えるのであれば、睡眠時間は赤ちゃん次第です。「寝る!」となったらすぐに寝つけることが育児中には大きなポイントですね。

 
 

寝る前のリラックスタイムを設ける

質のいい睡眠のための準備は寝る前から始まっています。寝入りをよくするために心身をリラックスさせておきましょう。寝る前にホットミルクを飲んで体を温めたり、ヒーリングミュージックを聞いて気持ちをリッラクスさせておくと寝つきがよくなります。また、寝る1時間前は携帯電話やテレビなど光の刺激があるものを避ける、ストレッチで体をほぐすといったことも効果的です。

 
 

日中は15分睡眠も効果的

15分睡眠

いくら質のいい眠りを心掛けていても、睡眠不足が続くと日中にぼーっとしてしまうことがあります。そんな時は赤ちゃんのお昼寝中に15分睡眠を試してみましょう。横になって完全に寝てしまうと、逆に疲れてしまうこともあるので椅子に座ったままで行いましょう。時計やアクセサリーなどを外し、体の力を抜いて15分だけ休むと休憩後は体も気持ちもスッキリしますよ。15分で起きれない、という人は寝る前にコーヒーを飲んでみましょう。カフェインは20分後位から効果を発揮するので、起きるタイミングとちょうどいいですよ。

 
 

まとめ

 

質のいい睡眠をとることは、疲労回復や免疫力アップにつながります。育児中は寝る時間もうまく取れないことがありますが、睡眠不足が続くと思考力の低下や注意力がなくなり小さな赤ちゃんを育てる際にはとても危険です。短時間でもできるだけ質のいい眠りに近づけるように、眠る前のリッラクス法や休息の取り方を工夫してみましょう。


関連記事

コメントは利用できません。