親子ですくすく子育て応援サイト

menu

mom-ma

長期休みには子どもに冒険を!ジュニアパイロット

アイキャッチ画像 空港

長期休みには家族でおじいちゃんおばあちゃんの所へ里帰りする方も多いでしょう。おじいちゃんおばあちゃんも孫の帰りを首を長くして待っているでしょうね。家族で旅行気分を楽しむこともいいですが、飛行機を利用する時はジュニアパイロットなど子どもの一人旅に挑戦させてみませんか?

 
 

ジュニアパイロットって?

ジュニアパイロットとはANAで利用できる子どもが一人で飛行機に乗る際のサポートを指します。JALではキッズおでかけサポート、スカイマークではスカイキッズなど各社で名称が違いますが、どこの航空会社でも安心して利用できるサポート体制があります。予約時に子どもの一人旅用の必要な申し込みを済ませ、当日は親など付添人が搭乗口まで見送ることができます。あとは機内の誘導や到着ロビーでお迎えの人に引き渡すまでは、係の人が付き添ってくれるので子どもも安心して空の旅を楽しむことができます。

 
 

何歳から使える?

飛行機

6~7歳、希望によっては11歳までの利用が可能です。12歳以上になると付添は必要がなくなるため利用できません。飛行機内では目印となるホルダーが渡されたり、記念のおもちゃなどがもらえるので、子どもも一人旅を楽しむことができますよ。

 
 

持ち物は?

特に特別な持ち物は必要ありませんが、飛行機の中での時間をつぶせるような道具があるといいでしょう。ただし、電波を使用するものについては航空会社の規定を守るよう親子で事前に確認することが必要です。また、荷物は預けるのか、持ち込むのかについても子どもが当日混乱しないように事前に決めておくといいですよ。

 
 

まとめ

 

遠方への帰省は、お金も労力もかかりますが子どもにとっては大きな旅のチャンスです。飛行機の中を除くと子どもが一人きりになる時間はないので、親も安心して送り出せます。長期休みを利用して、子どもの思い出に残る一人旅を応援してみてはいかがでしょうか。


関連記事

コメントは利用できません。