親子ですくすく子育て応援サイト

menu

mom-ma

荻窪にある武蔵野天然温泉「なごみの湯」へ親子で!

写真1

荻窪に武蔵野温泉とよばれる黒湯の露天風呂がある施設があるのをご存知でしょうか?「なごみの湯」という、子どもも入館できる貴重なスポットです。親子で足を運んだ為、ご紹介します。

 
 

場所はどのあたり?

写真2

・住所:〒167-0043 東京都杉並区上荻1-10-10

・最寄り駅:中央線快速、中央・総武線各駅停車、丸の内線 荻窪駅

ちなみに駐輪場は、敷地内にあります。駅からとても近い為、荻窪まで行くのが不便ではなければぜひ足を運んでもらいたいスポットです!近くにデパートや飲食店もありますので、お買い物やお食事とセットでいかれても良いかもしれませんね。

 
 

ありがたいことに、年中無休!

・年中無休 10:00(土日祝日は9:30、毎週月曜日は10:30)から翌朝9:00 ※最終入館受付8:30

家族で行く可能性が高い「祝日」などは、時間帯が変更となる可能性もありますので、最新の情報はHPでご確認ください。詳細は後程ご説明しますが、「食事処旬彩庵しおん」のオープン時間は11:30(土日祝11:00)から深夜24:00となります。なお、パパママのリフレッシュということで足を運ばれるようでしたら「ヒーリングスパ」は 11:00(土日祝10:00)から翌朝8:00(利用最終受付 朝7:00)、「各エステ・リラクゼーション」11:00(土日祝10:30)~から(終了時間は各施設により異なる)となりますのでご注意ください。

 
 

入館料も良心的!

写真3

入館料は大人一人でも2000円は超えない価格設定です。子供料金も設定されています。「3歳の間に、一度は行ってみる!」というのも良いかもしれませんね!

・一般 1800円

・子供(4歳~小学6年生) 1050円

・幼児(0歳~3歳) 530円

 
 

お風呂の種類がたくさん!

写真4

娘と一緒に二人で女湯に入った為、女性浴室についてご紹介させていただきます。2階に女性浴室があり、たくさんのロッカーがあります。ロッカーは指定されていて、タオルなどをセットで借りることもできます。(会員になると、セット持参すると会員料金から割引されるプランもあります。)浴場にはお冷が飲めるサーバー・コップも用意されている為、ミネラルウォーターなどを持参する必要はありません。(ちなみに、「ヒーリングスパ」を利用される場合は、設置されている水素水は有料となります。)ちなみに、ボディーソープやシャンプーなども備え付けのものがあります。

まずは露天風呂が気になり向かいましたが、2種類ありました。武蔵野温泉とよばれる黒湯の露天風呂は、子どもにとってはやはり珍しいようで、驚いていました。

また、となりには「風香の湯」とよばれるきれいな色をした丸い露天風呂がありそちらにもつかりました。内風呂も種類が多く「超高濃度炭酸泉風呂」はものすごく人気がありたくさんの方が入っていました。この「超高濃度炭酸泉風呂」はぬるま湯のため、子どもも無理なく入れる温度でよかったです。また、真っ白な色の「シルキーバス」は意外とすいていた為、色を楽しみながら、子どもと少し浸かりました。

大人だけでしたら「ヒーリングアクアバス(ジェットバス)」もありますし、「ミストサウナ テルマーレ」「ロッキーサウナ」の二種類のサウナは追加料金なしで利用できるのでオススメです。有料の「ヒーリングスパ」が別途ある関係か、この二つのサウナの利用者はそれ程多くはない為、利用しやすいかもしれません。「炭酸泉シャワー」も2回まででしたら無料で利用できる為、子どもと一緒に最後あびて、出てきました。

 
 

食事処旬彩庵しおん

和食&洋食&中華など、本格的なお料理から気軽にとれるお食事、軽食やデザートまで、数多く用意されています。(ちなみに、一度入館すると、途中で外出することはできない為、食事をしてから入館するか、体館した後に外で食事をするか、もしくは館内の「しおん」で食事をすることになります。)サラダバーも用意されていますし、お食事はおいしいですので、オススメです。

 
 

ストレッチスペース併設の「マンガ雑誌コーナー」

写真5

リクライニングシートなどもある休憩処も充実していますが、子供連れですと一番利用するのはB1Fにあるストレッチスペース併設のマンガ雑誌コーナーかもしれませんね。小学校高学年と思われる男の子と、お父さんが長時間漫画を読んでいたのが印象的でした。なお、リクライニングシートのあるお部屋は男女共用・男女別のものがあり、テレビもみられますので、オススメです。シートの事前予約もできる制度まであるようです。

 
 

まとめ

荻窪にある「なごみの湯」は子ども連れで楽しめる天然温泉です。露天風呂もありますし、お食事もできますし、小学生が読めるマンガまである「マンガ雑誌コーナー」まで用意されています。親子でくつろげる、都内の貴重な空間です。

※サービス内容は変更となる可能性もあります。

最新の情報はHPでご確認ください。

https://www.nagomino-yu.com/


関連記事

コメントは利用できません。